2020年06月05日 05時00分 公開
特集/連載

「HCI」の好調がストレージの売上高減少の原因だった?「HCI」混戦時代へ【前編】

2019年第4四半期前後のベンダー各社のストレージの売上高は落ち込む一方、「HCI」の売上高は伸びている。市場で何が起きているのだろうか。

[Dave Raffo,TechTarget]

関連キーワード

Dell(デル) | VMware | サーバ | ストレージ


 サーバとストレージの売上高が落ち込む中で、ユーザー企業の需要は複数のサーバの内蔵ストレージを1つの共有ストレージとして利用する「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)に流れているようだ。Dell EMCを傘下に持つDell TechnologiesやNetApp、Hewlett Packard Enterprise(HPE)などストレージベンダー各社は、2019年第四半期(2019年10月〜12月)前後のストレージの売上高が落ち込んだと報告している。

 IBMのストレージの売上高は同社の2019年度第4四半期(2019年10月〜12月)に前年度同期比3%増と微増に転じたものの、その前は下降気味だった。Pure Storageの2020年度第4四半期(2019年11月〜2020年1月)の売上高は前年度同期比17%増となったが、前年度同期の大幅成長と比べると見劣りする。

 調査会社Forrester Researchでサーバ分野のアナリストを務めるナビーン・チャブラ氏は、ストレージ市場に大打撃を与えているのはHCIだと指摘する。

落ち込むストレージ、伸びるHCI

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...