2019年05月24日 05時00分 公開
特集/連載

「HCI」選定で必ず確認したい“6つの比較ポイント”既存システムとの“相性”が鍵

HCIは規模や目的に適した製品を選択すると導入効果を最大化できる。特徴や機能を評価する際の指標となる6つのポイントを紹介する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
画像

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の構築やクラウド移行への足掛かりとして利用が広がっている。HCIの導入を検討する際に評価すべきポイントについて説明する。


ポイント1.既存環境への影響を評価

 HCIの導入を予定する既存のデータセンターやワークロード(アプリケーション)への影響を評価する。HCI製品の中には、コンピューティングのパフォーマンス最適化を目的とするものもあれば、VDI(仮想デスクトップインフラ)やストレージ構築の効率化に加え、エッジ(現場のデバイスに近い場所)や遠隔地にあるデータセンターの強化を目的とするものもある。

 例えばDell EMCのHCI製品「Dell EMC VxRail」には、下記の通りさまざまな製品ラインアップがある。

  • 小規模なエントリーレベル向けの「Eシリーズ」
  • 高いパフォーマンスが特徴の「Pシリーズ」
  • GPU(グラフィックス処理プロセッサ)を搭載し、VDIの導入に適する「Vシリーズ」
  • 大容量ストレージを利用可能な「Sシリーズ」

ポイント2.ストレージ機能を確認

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。