2019年05月24日 05時00分 公開
特集/連載

「HCI」選定で必ず確認したい“6つの比較ポイント”既存システムとの“相性”が鍵

HCIは規模や目的に適した製品を選択すると導入効果を最大化できる。特徴や機能を評価する際の指標となる6つのポイントを紹介する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
画像

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の構築やクラウド移行への足掛かりとして利用が広がっている。HCIの導入を検討する際に評価すべきポイントについて説明する。


ポイント1.既存環境への影響を評価

 HCIの導入を予定する既存のデータセンターやワークロード(アプリケーション)への影響を評価する。HCI製品の中には、コンピューティングのパフォーマンス最適化を目的とするものもあれば、VDI(仮想デスクトップインフラ)やストレージ構築の効率化に加え、エッジ(現場のデバイスに近い場所)や遠隔地にあるデータセンターの強化を目的とするものもある。

 例えばDell EMCのHCI製品「Dell EMC VxRail」には、下記の通りさまざまな製品ラインアップがある。

  • 小規模なエントリーレベル向けの「Eシリーズ」
  • 高いパフォーマンスが特徴の「Pシリーズ」
  • GPU(グラフィックス処理プロセッサ)を搭載し、VDIの導入に適する「Vシリーズ」
  • 大容量ストレージを利用可能な「Sシリーズ」

ポイント2.ストレージ機能を確認

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。