2018年08月01日 05時00分 公開
特集/連載

上位4社が過半数以上のシェアを占めるHCI市場動向:好調を続けるDell EMCとNutanix 「富める者がさらに富む」結果に

2018年第1四半期のハイパーコンバージドインフラ市場は、Dell EMC、VMware、Nutanixが優位を保ち、急成長するこの分野の大半を占めた。

[Dave Raffo,TechTarget]
画像 好調を続けるHCI市場、今後は?

 調査会社IDCの2018年第1四半期版「Worldwide Quarterly Converged Systems Tracker」(全世界のコンバージドシステムについての四半期調査)によると、Dell EMCとその子会社であるVMwareがハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場をけん引したという。この調査では、自社ブランドのHCIハードウェアとHCIソフトウェアの売上高を測定した。Nutanixはいずれでも2位だった。Hewlett Packard Enterprise(HPE)とCisco Systemsも市場全体で成長している。だが、上位2社からは大きく後れを取っている。

 IDCはHCI市場を2つの方法で測定している。1つはハードウェアとしてのブランド観点、もう1つはソフトウェア提供元という観点だ。この2つの視点で見たHCI市場は、2018年第1四半期に前年同期比76.3%増の12億ドルに成長している。HCIの収益は、HCIの売上高で過去最高を記録した2017年第4四半期から横ばいを維持している。

 HCI市場は、コンバージドインフラ(CI)の市場を上回るところまで来ている。2018年第1四半期のCIの収益は、前年同期比0.9%減の13億ドルだった。2017年第4四半期から2018年第1四半期までに4億ドル落ち込んだことになる。

各社のシェア上昇率

ITmedia マーケティング新着記事

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...