2つの鍵交換方式【前編】
鍵交換の2大アルゴリズム「Diffie-Hellman」「RSA」 何が違い、どちらが安全?
暗号化通信に欠かせない鍵交換。主な方式として「Diffie-Hellman方式」(DH法)と「RSA方式」の2つがある。それぞれどのように違い、どちらがより安全なのか。(2020/3/30)

HCIの時代になぜブレード?
「ブレードサーバの使用実態」に関するアンケート
この度、ITmedia読者でブレードサーバの導入・運用に携わられている皆さまを対象に、「ブレードサーバの使用実態」に関する」調査(協力:Dell Technologies)を実施いたします。回答へのご協力のほど、よろしくお願いいたします。(2020/4/2)

「脱クラウド」が意味するもの【第2回】
「脱クラウド」はなぜ起きる? “コスト”や“運用管理”における企業の悩み
オンプレミスに回帰する「脱クラウド」の動向を追うと、企業がパブリッククラウドでどのような問題に直面し、なぜオンプレミスを選択するのかが見えてくる。企業がパブリッククラウドで直面する問題とは。(2020/3/30)

「フラッシュストレージ」は2020年にこうなる【後編】
フラッシュストレージが普及しても「HDD」が使われ続ける理由
フラッシュストレージの用途が急速に拡大する一方、全てのデータセンターがすぐさまフラッシュストレージを導入するわけではない。HDDにはフラッシュストレージにはない需要がまだ存在するからだ。それは何なのか。(2020/3/10)

プロセッサの勢力図再検討【後編】
EPYCで復活したAMD、魅力を増すIBMのPOWER
Intelよりも低コストを実現したEPYC。魅力的なアーキテクチャで存在感を示すPOWER。AMDとIBMの動向とともに、CPUを取り巻く市場の変化を解説する。(2020/3/9)

「ワークロードとデータ保護」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で7名様に「Amazonギフト券(7000円分)」をプレゼント。(2020/3/2)

「DX時代のデータ活用基盤」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から【抽選で1名様】RICOHハンディープリンタ、【抽選で10名様】Amazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/2/27)

「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」導入・検討に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で3名様に「Amazonギフト券(10000円分)」をプレゼント。(2020/2/28)

「フラッシュストレージ」に関するアンケート
アンケートに全問回答いただいた方の中から【抽選で1名様】Corkea 4Kモバイルモニター 14インチタッチパネル、【抽選で10名様】Amazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/2/17)

市場における新たな要件も解説
VMwareは「HCI」市場の“最重要ベンダー”であり続けることができるか?
HCIソフトウェア市場をけん引するVMware。エッジコンピューティングをはじめHCI市場を取り巻く状況が変化する中、VMwareは今の立ち位置を維持できるのか。(2020/1/29)

「Fat Tire」「Voodoo Ranger」のメーカーが決断
クラフトビールメーカーがクラウドをやめてHCI「VxRail」に移行した理由
ビールメーカーのNew Belgium Brewing Companyは、業務アプリケーションを稼働させていたクラウドをやめて、HCIに移行した。何が理由だったのか。(2020/1/23)

「脱クラウド」が意味するもの【第1回】
クラウドをやめてオンプレミス回帰する「脱クラウド」は日本で広がるのか
企業ITにとって欠かせない存在になったクラウド。運用管理の効率化などさまざまな利点があるが、使い方を間違えると「オンプレミスの方が良かった」という結果になる。そこで生まれる選択肢が「脱クラウド」だ。(2020/2/5)

ワイン醸造業者が出した答え【後編】
ワイン醸造所がオンプレミス回帰でストレージも刷新 譲れなかった条件とは?
ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、いったんオンプレミスからパブリッククラウドに移したワイン発酵プロセス監視システムのインフラを、オンプレミスに戻した。ただし単純に以前と同じ構成に戻したわけではなかった。(2020/1/17)

ワイン醸造業者が出した答え【前編】
ワイン醸造所がクラウドに移した発酵監視システムをオンプレミスに戻した理由
ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、機械学習によって発酵タンク内の状態を監視するシステムを開発した。パブリッククラウドにデータを保存する仕組みにしたが、問題が発生した。それはどのようなものだったのか。(2020/1/9)

「DX時代のデータ活用基盤」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から【抽選で1名様】Fitbit Versa 2 Alexa搭載 スマートウォッチ、【抽選で10名様】Amazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2019/12/26)

「ワークロードとデータ保護」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/12/9)

「フラッシュストレージ」に関するアンケート
アンケートに全問回答いただいた方の中から【抽選で1名様】GoPro HERO7、【抽選で10名様】Amazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2019/12/13)

ハードウェアを安全に廃棄する方法【後編】
PC廃棄時の情報漏えいを防ぐ「データ消去ソフトウェア」の選定ポイント
産業廃棄物処理業者にハードウェアを受け渡す際の情報漏えいを防ぐためには、中身のデータを適切に消去しておくことが重要になる。そのための主要な手段である、データ消去ソフトウェアの選び方を紹介する。(2019/11/29)

データ保護の進む未来
今求められるデータ保護の在り方とは、専門家が過去・現在・未来を見据えて解説
データの増大やデータ保護におけるクラウド活用、データ管理の効率化といった課題が企業を悩ませる。専門家が、過去から現在、未来を通じてデータ保護のニーズを俯瞰し、これからのデータ保護の在り方を明らかにした。(2019/12/19)

ハードウェアを安全に廃棄する方法【前編】
PC廃棄を安心して任せられる「産業廃棄物処理業者」の正しい選び方
寿命を終えたハードウェアは適切な方法で廃棄しないと、情報漏えいやコンプライアンス違反を招くリスクがある。ハードウェアを安全に廃棄するために知っておきたい、産業廃棄物処理業者の選定ポイントを説明する。(2019/11/27)

データサイロを解体した4社の事例【中編】
Dell、EMC、VMwareはデータ統合における「人的問題」をどう解決したのか
2016年に完了した大型買収に伴い、異なる企業の異なるシステムが同居することになったDell Technologies。システム間の連携をスムーズに進める上で鍵となるデータ統合を、同社はどう進めたのか。(2019/11/26)

3つの条件で製品を選定
成城大学がバックアップ製品を「Avamar」「VDP」から「Rubrik」に変えた理由
学内システムのバックアップに課題を抱えていた成城大学は、バックアップ製品に「Rubrik」を導入した。なぜRubrikを選んだのか。そのメリットと課題は。同校のシステム運用担当者に聞いた。(2019/12/16)

クラウドは「安い」とは限らない
ひかりTVが「クラウドストレージ」をやめて「オンプレミス」に回帰した理由
映像配信サービス「ひかりTV」を運営するNTTぷららは「Azure Blob Storage」のデータをオンプレミスに移行した。大量のデータをクラウドではなくオンプレミスに置くことを選んだ理由は何だったのか。(2019/12/26)

コンテナ環境の立ち上げを迅速化するには
レガシーシステムのコンテナ移行、経験者が語る「成否を分けた要素」
オープンソースのKubernetesでクラウドネイティブなITインフラを構築・運用するのは、思うほど容易ではない。Kubernetes環境を構築して簡便に運用したいなら、商用ディストリビューションという選択肢もある。(2019/12/24)

メモリ新技術を巡る動き【後編】
Intelが構想する「144層3D NAND」「PLC」フラッシュメモリ実用化までの道のり
メモリ技術の進化は現時点でどこまで見えているのだろうか。Intelやキオクシア(旧東芝メモリ)、Western Digitalなどの動向から、144層3D NAND、PLC NANDといったメモリ新技術の動向を紹介する。(2019/11/19)

「DX時代のデータ活用基盤」に関するアンケート
アンケートに全問回答いただき、お電話にご対応いただけた方の中から【抽選で1名様】Dell New XPS 13 2-in-1ノートPC、【抽選で10名様】Amazon ギフト券3000円分をプレゼント。(2019/11/14)

「分子メモリ」がストレージを変える【後編】
「分子メモリストレージ」と「HDD」の違い “容量はHDDの100倍”の理由は
「分子メモリ」のストレージはHDDよりも少ない物理的なスペースで、はるかに多いデータ量を保存できるようになるという。HDDとは何が違うのか。その仕組みを解説する。(2019/11/12)

インフラ自動化のメリットを最大限引き出す
良かれと思った部分最適が全体の効率を下げる 脱「タスク効率化だけの自動化」
現在の企業の中で「自動化」はビジネスの発展に影響する重要な要素だ。自動化をうまく進めれば属人化や人材不足に対して策が打てる上、サービス開発のスピードも向上できる。しかし、なかなか自動化が進まない現状がある。なぜなのか。(2019/11/14)

Komprise導入事例
ノースウエスタン大学がストレージコストを半減させた方法
ストレージの運用に行き詰まっていたノースウエスタン大学は、Kompriseのストレージ管理製品を導入することで数々の課題を解決。結果としてストレージコストの半減に成功した。(2019/11/7)

「分子メモリ」がストレージを変える【前編】
容量はHDDの100倍? 「分子メモリ」を使ったストレージとは
データが爆発的に増大する中、ストレージの進化がその速度に置いていかれているという見方がある。こうした問題の突破口として期待すべきなのが「分子メモリ」を使ったストレージだ。どのようなストレージなのか。(2019/11/6)

事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【中編】
「コンポーザブルインフラ」はHCIやコンバージドインフラと何が違うのか
既に複数のベンダーが「コンポーザブルインフラ」を市場に投入している。「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)や「コンバージドインフラ」と何が違うのだろうか。(2019/11/1)

Dell Technologiesデータ保護調査結果レポート
データロスで顧客を失う? IoT時代に必要なデータ保護対策は
グローバルおよび国内でのユーザー調査から見たデータ保護の実態とは。また、そのための解決策とは。第三者機関による調査結果によってその実力とともに紹介する。(2019/11/1)

ベンダーの評価ポイントは?
日経が基幹系とVDIのインフラに「HCI」を選んだ理由と、クラウドを選ばなかった理由
日本経済新聞社は基幹システムとVDI(仮想デスクトップインフラ)の運用環境としてハイパーコンバージドインフラ(HCI)を選択した。なぜHCIを選んだのか。導入後の評価はどうだったか。(2019/11/13)

「NAND型フラッシュ」価格下落の裏側【前編】
フラッシュメモリが安くなってもSSDが安くならない“意外な理由”
NAND型フラッシュメモリの価格が低下しても、それを積載するフラッシュストレージの価格が下がるわけではない。それはなぜなのか。(2019/10/9)

「DX時代のデータ活用基盤」に関するアンケート
アンケートに全問回答いただき、お電話にご対応いただけた方の中から【抽選で1名様】Dell 23.8インチワイドフレームレスUSBーCモニター、【抽選で10名様】Amazon ギフト券3000円分をプレゼント。(2019/10/11)

「フラッシュストレージ」に関するアンケート
アンケートに全問回答いただき、お電話にご対応いただけた方の中から【抽選で1名様】Dell 23.8インチワイドフレームレスUSBーCモニター、【抽選で10名様】Amazon ギフト券3000円分をプレゼント。(2019/9/27)

「サイバー攻撃とデータ保護」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazon ギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/10/3)

復権する「ストレージ階層化」【後編】
クラウドストレージも階層化する「HSM」(階層型ストレージ管理)とは何か?
安価に導入可能なクラウドストレージにストレージ階層化の仕組みを取り入れて、効率的にデータ利用するにはどうすればいいのだろうか。その手段となり得るのが「HSM」(階層型ストレージ管理)だ。(2019/9/19)

機能面で差異化を図る各社
「HCI」主要ベンダー7社を比較 Nutanix、HPE、Pivot3、Ciscoの違いは
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)製品が急速に充実している。各HCI製品にはそれぞれどのような特徴があり、他とどう違うのか。主要ベンダーのHCI製品を紹介する。(2019/9/10)

EMCジャパン株式会社提供eBook
「NVMeストレージ」をフル活用したければファイルシステムを再考すべし
「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)準拠のストレージは、使い方や他のインフラコンポーネントとの組み合わせ方を間違えると、パフォーマンスをうまく引き出せない場合がある。その要因となり得るのがファイルシステムだ。(2019/9/4)

EMCジャパン株式会社提供eBook
「NVMe」で実現する高速ストレージの使いどころと、ファブリックの選択肢は?
次世代のストレージプロトコルとして「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)が注目を集めている。その性能を引き出すための「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)と併せ、概要や利用シーンを紹介する。(2019/9/4)

EMCジャパン株式会社提供eBook
2019年以降はNVMeが業界を変える? 今すぐ使えるストレージ技術のトレンド
2019年以降にストレージ業界を左右するトレンドは何だろうか。NVMeストレージや人工知能、コンポーザブルインフラなど、確かな実用性を持つ技術動向を追う。いずれも今すぐに購入や導入が可能な技術ばかりだ。(2019/9/4)

転換期のハイブリッドクラウド【第3回】
Azure StackやAWS Outpostsなどの「クラウドアプライアンス」が必要な理由
クラウドベンダーが提供するアプライアンスは、PaaSなどパブリッククラウドと同様の機能を利用してハイブリッドクラウドの運用環境に一貫性を持たせることに有効だ。(2019/8/30)

分散ストレージソフト「Ceph」の利点【後編】
「Ceph」を高速化する方法と、Windows環境で使う方法
分散ストレージソフトウェア「Ceph」のパフォーマンスを高めるには、どうすればよいのか。Windows環境でCephを扱う手段とは。簡潔に紹介する。(2019/7/18)

分散ストレージソフト「Ceph」の利点【前編】
分散ストレージソフト「Ceph」とは? 「Swift」「GlusterFS」との違いは
オープンソースの分散ストレージソフトウェア「Ceph」が自社に適しているかどうかを判断するには、何を知っておく必要があるだろうか。他の類似のソフトウェアとCephを比較し、その特徴を明確にする。(2019/7/11)

ITインフラの変遷を振り返る
「コンポーザブルインフラ」は「HCI」と何が違う? 注目される理由は
HCIに続くITインフラのアーキテクチャとして「コンポーザブルインフラ」が登場した。これまでのITインフラの変遷を振り返りつつ、HCIとコンポーザブルインフラの違いについて説明する。(2019/7/10)

コスト削減効果の他に何を重視すべきか
中小企業が選ぶべき「コスパの良いHCI」の条件とは?
従業員100人以下の中小企業にとって最適なHCIの条件とは何だろうか。その条件と、主要な中小企業向けHCI製品の特徴を紹介する。(2019/7/2)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「データ保護」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2019/6/28)

データを価値に変えるための一歩
スペシャリストが明かした、本当に必要なデータ保護の在り方とその道しるべ
データ資産とその活用が今後のビジネスを左右するといわれる今、データをどのように保護し、管理するかが喫緊の課題だ。業界のスペシャリストが、企業が抱えるデータ保護の実態とあるべき姿に近づくヒントを解説した。(2019/6/28)

Dell EMC 提供ホワイトペーパー
「HCI」選びに失敗しない、適正コストを見極める評価ポイントとは?
コスト削減できるという点で注目されるHCIだが、想定よりも高額になるケースが珍しくない。導入を検討する際はどこにコストが発生するのか、本当にHCIが検討している用途に適しているのかを見極める必要がある。(2019/6/7)