2021年11月08日 05時00分 公開
特集/連載

Nutanix、VMware、Dellを「新HCI」が追う 今後のメインストリームは?変わるHCIとベンダーの考え【前編】

「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)市場に注目すべき変化がある。NutanixやVMwareの動きに加えて、主要ベンダーを追う注目ベンダーの動向をまとめる。

[Dave Raffo,TechTarget]

 「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)市場に変化がある。HCI製品の強化を図るベンダーもあれば、その真逆にかじを切ったベンダーもある。他に注目すべき点としては、コンテナ利用を前提にしたHCI製品が次々に登場していることだ。

2021年の活発な動向

 HCIと言えば、まず数社の名前が思い浮かぶだろう。

 NutanixはHCIのパイオニア的な存在だ。サーバ仮想化の草分けであるVMwareも、HCIを実現するストレージ仮想化ソフトウェア「vSAN」を提供している。Dell EMCはvSANを搭載した「Dell EMC VxRail」でサーバベンダーとしての実力を発揮している。

 これら3社はHCIの代表的なベンダーだ。一方で新たにHCI市場に参入したベンダーや、撤退したベンダーもある。

 2021年は活発な動きがあった。HCIベンダーのPivot3は、監視カメラ向けの事業をストレージベンダーのQuantumに売却した。QuantumはPivot3の監視カメラ向けの製品群を引き続き販売するが、Pivot3のHCIは販売しない。ストレージベンダーのNetAppは、ストレージとサーバを分離したHCI製品「NetApp HCI」の販売終了を発表した。

コンテナ向けのHCI

 IT業界のトレンドを踏まえたHCIの変化も起きている。その一つがコンテナに関係した動きだ。

 2021年後半にはIBMが「IBM Spectrum Fusion HCI」を販売開始する。IBM Spectrum Fusion HCIは仮想マシンではなく、コンテナのストレージを集約する。このHCIはサーバ仮想化で一般的に使われるVMwareのハイパーバイザーを使用せず、オープンソースの「KVM」を使った仮想化ソフトウェア群「Red Hat Virtualization」を使用する。特徴はコンテナオーケストレーター「Kubernetes」のディストリビューションである「Red Hat OpenShift」を組み込んでいることだ。

 IBM Spectrum Fusion HCIはストレージをコンテナ化するストレージソフトウェア「IBM Spectrum Scale」と、バックアップソフトウェア「IBM Spectrum Protect Plus」を搭載したアプライアンスとして提供する。同社はVMwareやDell EMC、Nutanixと競合する製品を手掛けるのではなく、下記のコンテナ向けストレージソフトウェアと同じ路線を進んでいる。

  • Pure Storageの「Portworx」
  • Robin Systemsの「Robin.io」
  • StorageOSの「StorageOS」
  • NetAppの「NetApp Astra」

 一方の古参のHCIベンダーも、HCIでコンテナ利用を可能にする製品を提供している。

  • VMwareの「VMware vSphere with Tanzu」
  • Nutanixの「Nutanix Karbon」
  • Cisco Systemsの「Cisco HyperFlex Application Platform」(Cisco HXAP)

などがその一例だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...