2021年04月08日 10時00分 公開
PR

データ移行の4フェーズで解説、「PowerStore」のメリットを最大化する技術とはデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データ移行の円滑さで注目される、ミッドレンジ向け次世代ストレージアプライアンス「Dell EMC PowerStore」。このメリットを最大化するネイティブ機能や関連ツールについて、4つの移行フェーズに分けて詳しく解説する。

[ITmedia]

 ミッドレンジ向け次世代ストレージアプライアンス「Dell EMC PowerStore」は、パブリッククラウドのシンプルさをオンプレミスで実現し、統合型の機械学習エンジンとシームレスな自動化により運用を合理化できる強力な製品だ。パフォーマンス重視の設計も特長の1つで、ストレージ基盤のリプレースに当たって有力な候補となり得る。

 そんな同製品において、注目したいポイントがデータ移行の円滑さだ。ただし、そのメリットを最大化して、新基盤へのスムーズな移行を成功させるためには、移行に関するネイティブな機能や移行関連ツールなどの把握が欠かせない。

 そこで本コンテンツは、PowerStoreへの移行に関するテクノロジーを詳しく解説している。「外部ストレージのネイティブインポート」「ブロックデータの移行」「ファイルデータの移行」「仮想環境の移行」のそれぞれで、手順や注意点が記載されており、PowerStoreへの移行の容易さを確かめることができるため、ぜひ参考としてもらいたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.