ブロードコムが買収のうまみを感じる“あのヴイエムウェア製品”とは?BroadcomのVMware買収がクラウド市場に与える影響【前編】

BroadcomはVMwareの買収によって、クラウド市場で力を増す可能性がある。VMwareのマルチクラウド戦略と、その戦略が買収元のBroadcomに与える影響とは。

2022年07月06日 05時00分 公開
[Rob StrechayTechTarget]

 半導体ベンダーのBroadcom(ブロードコム)は2022年5月、大手仮想化ベンダーVMware(ヴイエムウェア)の買収を発表した。これはクラウドサービス市場の発展に不可欠なVMwareの製品群に、影響を与える可能性がある。

ブロードコムが魅力を感じる“あのヴイエムウェア製品”とは

 Broadcomの買収によって、VMwareの投資が無駄になることを懸念するアナリストがいる。しかし特にVMwareの「VMware Cloud」(VMC)が、適切な投資を受けられなくなるとは考えにくい。VMCはVMware製品を各種IaaS(Infrastructure as a Service)で実行するための製品・サービス群だ。VMwareはAmazon Web Services(AWS)の同名サービスとMicrosoftの「Microsoft Azure」、Googleの「Google Cloud Platform」(GCP)、Alibaba Cloudの同名サービス向けにVMCを提供している。

 オンプレミスのVMware製品とVMCを同じように管理するためのハイブリッドクラウド製品として、VMwareは「VMware Cloud Foundation」(VCF)も提供する。VCFはDell EMCやその他のベンダーのサーバで利用できる。

 VMwareのクラウド関連製品・サービス群は、Broadcomが将来的に一層力を入れると考えられる分野でもある。クラウドインフラの管理手法と「as a Service」というインフラの利用形態を、ユーザー企業のデータセンターに導入することに商機がある。Broadcomが自社の半導体製品の販売先をクラウドベンダーや通信事業者に広げる際に、VMwareの営業チームや既存のパートナーが関係性構築の鍵となる可能性もある。


 中編は、Broadcomによる買収がVMwareのクラウドインフラ管理製品群「VMware Cloud Management Business Unit」に与える影響と、今後の製品・サービスの展開を予測する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...