オンプレミス「AD」と「Azure AD」を比較【前編】
「Active Directory」(AD)と「Azure AD」の違い クラウド版だけの機能とは
「Microsoft 365」などのクラウドサービスを利用する際、必ずしもオンプレミスの「Active Directory」(AD)までクラウドに移行する必要はない。ただし選択肢はある。ADと、そのクラウド版の「Azure AD」の違いは。(2021/4/21)

クラウドサービス移行ロードマップの作り方【中編】
「クラウドサービス移行」の失敗企業が見落としがちな“理念”の重要性
システムのクラウドサービスへの移行を検討するに当たって、CIOが考えるべきことは幾つかある。移行に役立つ製品/技術は豊富にあるが、まず注目すべきことはそれではない。では何なのか。(2021/4/15)

物理サーバと仮想サーバを比較する【後編】
「物理サーバ」と「仮想サーバ」のどちらを選べばよいのか?
仮想サーバでアプリケーションを動かすことは珍しくなくなった一方で、物理サーバでアプリケーションを動かすことが時代遅れになったわけではない。物理サーバと仮想サーバのどちらを選べばよいのか。(2021/4/15)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ハイブリッドクラウドに一貫性と安全を、調査で見えた統合管理の重要性とは?
中堅企業の間でハイブリッドクラウドの採用が増える一方、クラウド戦略やセキュリティへの配慮が不足し、メリットを十分に享受できていないケースは少なくない。この課題を解消するとみられるのが、単一ツールによる統合管理だ。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DX推進の中核はサーバ、企業調査から見えてきたオンプレミス投資の要点とは
DXの推進はあらゆる企業にとって最重要課題であり、その中核となるサーバインフラに求められる要件は厳しさを増している。そのため多くの組織で投資意欲が高まりつつあるが、どのような点に注意すればよいのか。(2021/4/13)

オンプレミスとクラウドの様相【前編】
「ハイブリッドクラウド」はさらに複雑化 役立つ運用管理ツールはあるのか
オンプレミスのインフラとクラウドサービスが混在し、企業のシステム運用は複雑になっている。この問題は簡単に解決しない。今後さらに複雑になる可能性もある。それはなぜなのか。(2021/4/12)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ハイブリッドクラウド環境でのワークロード配置を最適化する、ストレージ選定術
DXの取り組みの多くはいまだ途上にあり、クラウドが主体となり広範かつ複雑になったインフラの中で、多様なワークロードの配置をいかに最適化するかが課題となっている。この解消に向け、多くの組織はストレージの刷新を検討している。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
自社の管理能力を超えて拡大するクラウド環境、中堅企業調査から見えた改善策は
2011年からの8年間で、パブリッククラウドを活用している企業の割合は約4倍に増加した。ただ、ハイブリッド化のような環境の複雑化も進んでいる。そこで中堅企業を対象に、クラウド管理環境を合理化するメリットを調査した。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
中堅企業がDXで勝ち抜く鍵、調査で見えたハイブリッドクラウド戦略推進のヒント
DXの推進に欠かせない、インフラのモダナイゼーション。その中で特に中堅企業が注目しているのがハイブリッドクラウド環境の構築だが、そこではワークロードの適切な配置と、それを実現するためのインフラの選定が重要になってくる。(2021/4/9)

IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【後編】
「IT投資ロードマップ」再検討を成功させる「戦略」「スキル」の見直し方
IT投資ロードマップを再検討する際に重要なポイントは何だろうか。「戦略」「スキル」の観点で解説する。(2021/4/9)

クラウドサービス移行ロードマップの作り方【前編】
「クラウドサービス移行」の見切り発車は失敗のもと まず考えるべきこととは?
システムのクラウドサービス移行を成功させるためには、綿密な移行ロードマップの策定が必要だ。あれもこれもとむやみに移すのではなく、自社に本当に必要な移行計画を立てるために何が必要だろうか。(2021/4/8)

オンプレミスとクラウドの様相【前編】
「オンプレミス回帰」「脱クラウド」でクラウドサービスの顧客離れは進むのか
オンプレミスのインフラとクラウドサービスを組み合わせて利用することが一般的になり、企業は運用管理が複雑になる問題に直面している。クラウドサービスへの移行の失敗も問題をややこしくしている。(2021/4/6)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
国内ユーザー企業調査で見えたハイブリッド化の流れ、難所は「ストレージ」
国内企業を調査したところ、インフラに占めるクラウド環境の割合は大きく増加し、中でもハイブリッド化を模索する機運の高まりが明らかになった。しかしハイブリッド化の難所となるのがストレージだ。どんな解決策が考えられるのだろうか。(2021/4/8)

コンテナネットワークの基礎知識【第7回】
Red Hat、VMware、Ciscoの「商用Kubernetes」とは? それぞれの違いは
オンプレミスインフラ向け製品を手掛けてきた主要ベンダー各社は、さまざまなアプローチで「Kubernetes」を自社製品に取り込んでいます。Red Hat、VMware、Cisco Systemsの取り組みを紹介します。(2021/4/21)

VMwareの主要製品を理解する【中編】
「vSAN」「Virtual Volumes」(vVols)の違いは VMwareのストレージ仮想化製品
VMwareはSDDCを実現するためのさまざまな仮想化製品を提供している。その中からストレージ仮想化を実現する「vSAN」「VMware vSphere Virtual Volumes」と、運用管理の「VMware vRealize Suite」を取り上げる。(2021/3/31)

クラウドニュースフラッシュ
資生堂が「Dynamics 365」を日本とタイに導入した理由とは?
資生堂が国内やタイの拠点に「Dynamics 365」を導入した事例やIaaS/PaaS市場の調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/3/31)

ガバナンス強化だけの特権ID管理は時代遅れ
DX時代の新たなニーズを捉えた「次世代型」の特権ID管理製品とは
今や特権ID管理製品はガバナンス強化のためだけのものではない。システムが多様化し、管理の考え方やリスクが変化する時代に突入しているためだ。DXがますます加速する時代を見据え「これから」の特権ID管理を考えた次世代型の製品とは。(2021/3/26)

企業が抱えがちなデータマネジメントの課題:
バックアップからDXを加速? 「データ活用を進めるためのバックアップ」とは
新しい取り組みを進める上で課題になる「複雑化するIT環境」に、企業はどのように対処すべきなのか。ネット通販大手企業の事例を基にその方法を探る。(2021/3/25)

「クラウドファイル共有」7選【第4回】
「Azure Files」「Panzura」で何ができる? 高速ファイル共有が可能な理由は
「クラウドファイル共有」を利用する際に考慮したいのは、オンプレミスのインフラからのアクセスだ。この点に配慮した「Azure Files」「Panzura」を紹介する。(2021/3/24)

「オンプレミス回帰」の国内動向【後編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で選ばれる製品とは? IDC Japanに聞く
パブリッククラウドからのオンプレミス回帰を計画する企業は、どのような製品を選択すればよいのか。オンプレミスのインフラとパブリッククラウドを使い分ける視点と併せて、IDC Japanのアナリストに聞いた。(2021/3/31)

VMwareの主要製品を理解する【前編】
いまさら聞けない「vSphere」「NSX-T Data Center」とは? VMwareの仮想化製品
VMwareの仮想化製品は幅広い。それぞれどのような機能を持つのか。まずはサーバ仮想化ソフトウェアの「vSphere」とネットワーク仮想化ソフトウェアの「VMware NSX-T Data Center」を解説する。(2021/3/22)

「VPS」と「VPC」の違い【後編】
いまさら聞けない「VPC」(仮想プライベートクラウド)とは 普通のVMとの違い
「VPC」とはどのようなクラウドサービスなのか。VPCを利用するメリットと注意点とは。一般的なパブリッククラウドの仮想マシンサービスとの違いを交えて解説する。(2021/3/19)

Amazonトップ交代が「AWS」に与える影響【後編】
AWSのジャシーCEOがAmazonのCEOになる“本当の意味”とは?
AmazonのCEOは2021年中に創業者兼CEOのジェフ・ベゾス氏からアンディ・ジャシー氏に交代する。ジャシー氏はAWSの現CEOだ。AWSの次期CEOは誰になるのか。CEO交代後のAmazonの行方は。(2021/3/18)

Amazonトップ交代が「AWS」に与える影響【前編】
AmazonのベゾスCEOが退任 後任がAWSのジャシー氏になる“納得の理由”
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが2021年に退任し、AWSのアンディ・ジャシーCEOが後任に就く。この人事交代に対して、アナリストは「当然の判断だ」と口をそろえる。その理由とは。(2021/3/10)

「クラウドファイル共有」7選【第3回】
クラウドファイル共有「Egnyte」「FileCloud」とは オンプレミスからの接続も
「クラウドファイル共有」は、異なる場所で作業をする人同士のコラボレーションを支援するためにさまざまな機能を搭載する。代表的なサービスである「Egnyte」「FileCloud」で何かできるのか、詳細に見てみよう。(2021/3/10)

分散拠点のファイルアクセスを実現
20%のコスト削減に成功したクラウドNAS導入事例
北米やアジアに複数の拠点を擁する建築会社が、ストレージをオンプレミスからクラウドNASに移行。各地からのファイルアクセスとコスト削減に成功した。(2021/3/9)

AWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【後編】
AWSではなく「Azure」「GCP」「IBM Cloud」「OCI」を選びたくなる強みとは?
代表的なクラウドサービスが「Amazon Web Services」(AWS)であることは明確だが、AWSのみがクラウドサービスではない。独自の強みをアピールする、他の主要ベンダー各社が提供するクラウドサービスの特徴とは。(2021/3/5)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
SDDCアプローチに最適化、ハイブリッドクラウド移行を容易にする次世代HCIとは
DXの推進によりハイブリッドクラウドへの移行を進める企業が増える一方、運用の不透明さや複雑化が課題となるケースは少なくない。そこで注目されるのが、SDDCアプローチに最適化されたHCIだ。データセンターをモダン化するその実力とは?(2021/3/8)

インフラ視点でビジネス変革を考える
ビジネスニーズに応える「真のハイブリッドクラウド」に必要な要素とは
ビジネスのスピード感と業務システムの安定運用を重視すれば、パブリッククラウドとオンプレミスのインフラが混在することは自然な流れだ。だがオンプレミスが従来のままでは、ビジネス変革に支障を来す。どうすればいいのか。(2021/3/11)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
SDDCをベースに考える、ハイブリッドクラウド戦略の正しい進め方とは?
クラウドやAIの導入、オンプレミスのレガシーシステムからの脱却などを、無理なく実現する方法として注目されるハイブリッドクラウド戦略。その土台となるSDDC(Software Defined Datacenter)に着目し、戦略策定のポイントを解説する。(2021/3/1)

クラウドニュースフラッシュ
蔦屋書店がWebサービスを「マイクロサービス化」して「AWS」に移した理由
「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで教育システムのフルクラウド化を進める鴻巣市教育委員会や、「Amazon Web Services」を導入した蔦屋書店の事例など、クラウドに関する主要なニュースを6本紹介する。(2021/2/27)

「クラウド管理者」必修スキル【後編】
クラウド管理者に「IaC」「CI/CD」が役立つ理由と、必要なスキルの身に付け方
クラウド管理者が仕事をする上で必要なスキルはさまざまだ。そのうち「IaC」「CI/CD」のスキルを紹介した上で、クラウド管理者を目指す人がこれらを含めた幅広いスキルを習得する方法を説明する。(2021/2/25)

「脱クラウド」検討のポイント【後編】
企業が「脱クラウド」を選んでしまう4つの理由
オンプレミスのインフラからクラウドサービスへのワークロード移行で失敗しないためにはまず、企業が「脱クラウド」を決断する理由を把握しておくとよい。主要な4つの理由を説明する。(2021/2/25)

「クラウドファイル共有」7選【第2回】
「Box」と「Dropbox」を比較 2大ファイル共有サービスは何が違う?
「Box」と「Dropbox」は、いずれも広く利用されているクラウドファイル共有だ。多彩な機能を提供する両サービスだが、どちらかを選択する際にはどのような点を考慮すればいいのか。違いを具体的に見てみよう。(2021/2/24)

AWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【前編】
AWSがついに「ハイブリッドクラウド」に本腰か “クラウド王者”の戦略は
クラウドサービス市場をけん引するAWSは、自社のクラウドサービスや事業をどう強化し、どう拡大させようとしているのか。同社のクラウド戦略と、ユーザー企業がAWSを利用するときの課題を整理する。(2021/2/22)

2021年のDXトレンド予測【中編】
DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由
システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。(2021/2/16)

「脱クラウド」検討のポイント【中編】
「脱クラウド」しやすい企業、クラウドにとどまらざるを得ない企業の違い
「脱クラウド」が比較的容易なワークロードと、難しいワークロードがある。その違いとは何か。脱クラウドしやすいワークロードを構築することはなぜ必要なのか。(2021/2/15)

「クラウドファイル共有」7選【第1回】
AWSとオンプレミス間でファイルを同期できる「AWS Storage Gateway」とは
同僚間でのファイルのやりとりや共同編集を可能にする「クラウドファイル共有」には、さまざまな種類がある。AWSが提供する「AWS Storage Gateway」の機能を詳しく見てみよう。(2021/2/10)

「脱クラウド」検討のポイント【前編】
企業はなぜ「脱クラウド」したくなるのか Gartnerに聞く
クラウドサービスで稼働させているワークロードをオンプレミスのインフラに移行させる「脱クラウド」を検討する企業がある。こうした動きはなぜ起こっているのか。脱クラウドの現状を説明する。(2021/2/8)

クラウドニュースフラッシュ
任天堂はなぜ「Nintendo Switch Online」のインフラに「AWS」を選んだのか
「AWS」でオンラインサービスを運用する任天堂の事例、通販システムをプライベートクラウドから「Oracle Cloud Infrastructure」に移行させたスクロールの事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/1/30)

仮想化時代の一押し技術【後編】
運用自動化にビッグデータ管理――IT管理者なら学んでおきたい技術
オンプレミスのデータセンターとクラウドサービスなど、複数のインフラを使い分ける企業は少なくない。さまざまなインフラを管理するために、IT管理者が優先して身に付けるべき技術とは。専門家が解説する。(2021/1/29)

AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【後編】
AWSやMicrosoftの純正品かサードパーティーiPaaSか SaaS連携ツールの選び方
SaaS連携ツールを選ぶときは、どのような観点で比較すればよいのだろうか。サードパーティー製の「iPaaS」を含めた選定ポイントを紹介する。(2021/1/26)

TechTarget発 世界のITニュース
VMware、NutanixのラマスワミCEOを契約違反で提訴 双方の言い分は?
NutanixのラマスワミCEOを契約に違反で提訴したVMware。NutanixとVMware、両社の言い分とは。(2021/1/25)

リフト&シフトで発生しがちな課題を解消
「移行した後はどうするのか」 先を見据えたクラウド移行に必要なものとは
既存システムをクラウドに移行する動きが活発だ。移行先を選ぶ上で重要なのは「移行のしやすさ」だけではなく「移行して何をしたいのか」だ。(2021/1/25)

従業員に「クラウドが遅い」と言われる前に
情シスが知っておきたい「パブリッククラウドを低遅延でセキュアに使う方法」
企業のパブリッククラウド利用が当たり前となった今、増大する「企業のネットワークとパブリッククラウド間のトラフィック」にどう対処すべきか。セキュアで安定したネットワークを構築するためのポイントとは。(2021/1/25)

仮想化時代の一押し技術【前編】
Docker、ハイブリッドクラウド、Ansible――IT管理者なら知っておきたい技術
仮想化技術の浸透に伴ってインフラが変化し続ける中、IT管理者が習得する必要がある技術も変化している。注目すべき技術とは何か。専門家が解説する。(2021/1/14)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
「データ保存だけ」から脱却、AI主導で管理/分析も実現するストレージの現在地
複雑なハイブリッドクラウド環境におけるストレージには、データの保存だけでなく、管理/提供/分析、データ配置の最適化など、高度な機能が求められる。そこで注目したいのが、AI主導でクラウドにも対応する次世代のプラットフォームだ。(2021/1/13)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDチップス編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)の賢い使い方は? マイクロソフトに聞く
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を使う際、仮想デスクトップにどうアクセスすればよいのか。他社製品との連携がもたらす利点とは。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。(2021/1/12)

TechTarget発 世界のITニュース
Nutanixが新CEOにVMwareの前COOを任命 サブスクとハイブリッドクラウドを推進
Nutanixが新しいCEOに任命したラジブ・ラマスワミ氏は、前職VMwareでCOOとして手腕を振るってきた。Nutanixが求めるサブスクリプション形式への移行やハイブリッドクラウドの推進を後押しする人選だ。(2021/1/8)

運用をより容易に
「自動化」がより進化した「Red Hat Enterprise Linux 8.3」
RHEL 8.3は各種の自動化機能がさらに強化されている。RHEL 8.3の概要を簡単に紹介する。(2020/12/22)