根本的な勘違いがリスクの原因
セキュリティ製品を増やしても無駄!? セキュリティ対策の意外な落とし穴
さまざまなリスクに対応するには各種セキュリティ製品が必要だ。問題はそれをどう利用するかだ。複数のセキュリティ製品を導入したが故に生じる落とし穴が全てを台無しにしているかもしれない。(2022/5/18)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第2回】
「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を採用面接で問われたら何と答えるか
ネットワーク管理者の採用面接で「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を聞かれたら何と答えればよいのか。答えるためにできる準備の方法と共に紹介する。(2022/5/17)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
「脱クラウド」で進むハイブリッドクラウド 複雑化する運用管理をどうするか
「ハイブリッドクラウド」が一般化しつつあるがオンプレミスとクラウドの管理タスクが大きくことなることから運用管理が複雑化する要因にもなりうる。複雑化する運用管理にどう対処すればよいか考える。(2022/5/12)

ITシステムの導入決定者、運用・管理者向け
「クラウドとオンプレミスのメリット・デメリット」に関する意識調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で100名にAmazonギフト券(1000円分)をプレゼント。(2022/5/13)

フランス公共放送系の「脱クラウド」【後編】
「脱クラウド」で公共放送子会社が実感した“あのメリット”とは?
システムの一部をクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻したFrance Televisions Publicite。脱クラウドが同社にもたらしたメリットとは何か。脱クラウドの先にある「システム改革」とは。(2022/4/27)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【後編】
健全な企業になるには「コンプライアンス違反通報のしやすさ」が重要な理由
コンプライアンス違反の通報が多いことは、従業員にとっての働きやすさを示している可能性があると専門家は語る。従業員にとって「声を上げやすい仕組み」とは。米国における社会的潮流の変化と企業の動向を探る。(2022/4/26)

強力タッグで悩める企業のDX戦略推進を支援
ハイブリッド/マルチクラウド、コンテナの主要ベンダー2社が提携で高まる期待
企業がDXに向けてクラウドやコンテナの活用を進めているが、悩みや課題は尽きない。そうした中、クラウドベンダー2社が提携し、使いやすいインフラ/クラウドを提供するという。提携は企業にどのような恩恵を与えてくれるのだろうか。(2022/4/22)

NEWS
楽天グループがGoogle Cloudの「BigQuery」を採用 その狙いは?
楽天グループは、全社的に利用するデータウェアハウスにGoogleの「BigQuery」を採用した。同社がデータ分析システムのクラウド移行を決意した課題と、「Google Cloud Platform」を採用した理由は。(2022/4/21)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【前編】
コンプライアンス違反の通報が多い企業ほど働きやすい“なるほどの理由”
コンプライアンス違反の内部告発が多い――。これは一見、危険な兆候のように思えるが「実態はそう深刻ではない」と専門家は話す。内部告発の増加が企業にメリットをもたらす理由とは。(2022/4/18)

「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【前編】
クラウド版IBM Z「IBM Wazi as a Service」爆誕 誰が喜ぶのか?
「IBM Wazi as a Service」は、IBMのメインフレーム製品「IBM Z」の開発・テスト環境をクラウドサービスとして利用できるようにする。IBM Zのユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。(2022/4/14)

賢い「ハイブリッドクラウド」運用法
「ハイブリッド/マルチクラウド=負担増大」はもう古い? 効率の良い運用法は
「ハイブリッドクラウド」や「マルチクラウド」が普及しつつある中、その運用管理の効率化が企業にとって課題になっている。IT部門の負荷を増やさない、ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの運用法とは。(2022/4/15)

「SRE」と「クラウドエンジニア」の違い【後編】
「SRE」がクラウドエンジニアの“真の相棒”になるために必要なスキルとは?
「サイト信頼性エンジニア」はクラウドエンジニアをサポートする役割として期待されている。両者が力を合わせて信頼性の高いクラウドサービス利用を実現するためのノウハウを紹介する。(2022/4/12)

クラウドユーザーのための「ログ管理」5大ベストプラクティス【前編】
クラウドログ管理の前に「なぜログを管理するのか」を熟考すべし
IT担当者はログを一元管理することで、システム監視を強化し、トラブルシューティングの速度を向上できる可能性がある。クラウドサービスのユーザー企業がログ管理を成功させるためのベストプラクティスを紹介する。(2022/4/11)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】
いまさら聞けない「VMware Cloud on AWS」とは? 「Oracle Cloud VMware Solution」との違いは
AWSやOracleはIaaSでVMware製品を実行するためのサービスを提供している。こうしたサービスの代表格であるAWSの「VMware Cloud on AWS」の特徴と、Oracleの競合サービスとの違いを説明する。(2022/3/28)

「VMware Cloud on AWSで“クラウド破産”」の傾向と対策【後編】
「脱クラウド」で“クラウドの呪縛”から解放される方法
熟慮の末にクラウドサービスへ移行したにもかかわらず、想定外の問題に直面して「脱クラウド」に踏み切らざるを得なくなった企業は、どうすればよいのか。スムーズなオンプレミス回帰のポイントを説明する。(2022/3/21)

IaaS移行にかかるコストを整理する【前編】
「IaaS移行」を考えたらまず検討しておきたいポイント
オンプレミスインフラからIaaSへの移行を考えるCIOは、移行計画を立てることにもコストがかかることを忘れてはならない。IaaS移行の計画段階でかかるコスト要素について詳しく説明する。(2022/3/17)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【前編】
VMware製品をOCIで動かす「Oracle Cloud VMware Solution」とは? ハイブリッドクラウド構築に使うメリット
アプリケーションのIaaS移行のハードルを下げるために、OracleはVMware製品実行サービスの「Oracle Cloud VMware Solution」(OCVS)を提供している。OCVSの特徴を説明する。(2022/3/14)

フランス大手銀行Societe Generaleの挑戦
大手金融機関がAIとデータを頼りに進む「データドリブン銀行」への道
フランスの大手投資銀行Societe Generaleが、データとAI(人工知能)技術に注力している。「データドリブン銀行」を目指すという、その取り組みの中身とは。(2022/2/15)

充実するAWSのクラウドデータベース【後編】
データベース管理者を楽にする「Amazon DevOps Guru for RDS」「AWS DMS Fleet Advisor」とは
「Amazon DevOps Guru for RDS」「AWS DMS Fleet Advisor」は、データベースの管理と移行を支援するAWSサービスだ。これらのサービスは何に役立つのか。(2022/2/15)

ITシステムの導入決定者、運用・管理者向け
「クラウドとオンプレミスのメリット・デメリット」に関する意識調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で100名にAmazonギフト券(1000円分)をプレゼント。(2022/2/14)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【後編】
クラウド推進の空港が明かす、脱オンプレミス困難な「空港特有のシステム」とは
ベルファスト・シティー空港は各種アプリケーションのクラウドサービス移行を進める一方で、一部のシステムはオンプレミスインフラに残さざるを得ないと判断している。そのシステムとは何か。移行が難しい理由とは。(2022/1/31)

HCIをビジネスの足かせにしないために
仮想化基盤として最適なHCI、ユーザー企業がメリットを最大化するポイントは?
オンプレミスでもクラウドのような高い拡張性と柔軟性をもたらすHCIは、ITインフラの在り方を考える上で重要な選択肢の1つだ。ユーザー企業がそのメリットを最大に引き出すためのポイントを、2人の専門家に聞いた。(2022/1/25)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【前編】
クラウドにアプリ8割移行の空港が明かす「オンプレミスに残すアプリ」とは
英ベルファスト・シティー空港は、アプリケーションの大半をクラウドサービスで稼働させる見通しだ。ただし一部はオンプレミスインフラに残すという。同空港のIT幹部にクラウド移行の道筋を聞く。(2022/1/17)

クラウド活用で脱炭素化に取り組むSiemens Energy【後編】
脱炭素化だけじゃない Siemens Energyが「GCP」を選んだ“もう一つの理由”
エネルギー企業のSiemens Energyは脱炭素化のために、オンプレミスインフラで稼働するアプリケーションやデータの「GCP」への移行を進めている。同社がGCPを選んだ理由は脱炭素化だけではない。他の理由は何か。(2022/1/17)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
ITインフラの基盤となるKubernetes、基礎から“エコシステムの世界”まで解説
コンテナ管理プラットフォームの「Kubernetes」の採用が進んでいる。調査によると、企業規模が大きければ大きいほどKubernetesを大規模で導入しているという。既に出来上がりつつある、Kubernetesのエコシステムの世界を概観してみよう。(2022/1/7)

クラウドニュースフラッシュ
セブン&アイが「AWS」にグループ各社のシステムを集約する“挑戦的な理由”
新システムのインフラにクラウドサービスを採用したJR九州とセブン&アイの事例や、AWSサービスの利用動向調査の結果など、クラウドの主要なニュースを6つ紹介する。(2021/12/29)

クラウド移行が本当に最適解か
クラウドNGシステムの運用も最適化、DXを推進するITインフラの新たな利用法とは
DXを推進する上で初期コストや運用の簡素化を狙ってクラウド移行を考える企業は多いが、システムの特性上移行できないものがあるなど、必ずしも最適解とはいえなくなっている。こうした中で注目される、ITインフラの新たな利用方法とは?(2021/12/28)

ハイブリッドクラウドに移行するときの5つのポイント【後編】
ハイブリッドクラウドへの移行で「予想外にアプリが遅くなった」を避けるには
適切な移行計画を立てずにアプリケーションをハイブリッドクラウドに移行させると、コストの増大など想定外の事態を招くリスクがある。ハイブリッドクラウドの移行計画を成功させるためのポイントを説明する。(2021/12/23)

ハイブリッドクラウドに移行するときの5つのポイント【前編】
ハイブリッドクラウド移行で最初に検討すべきこと 「そもそも移行できるのか」
アプリケーションのインフラをハイブリッドクラウドに移行するときは、適切な移行計画を立てる必要がある。移行でつまずきがちなポイントと、移行を成功させるための計画の立て方を説明する。(2021/12/16)

ITシステムの導入決定者、運用・管理者向け
「クラウドとオンプレミスのメリット・デメリット」に関する意識調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2021/12/10)

Microsoftがコロナ禍でも増収増益した理由【後編】
「Azure」がAWSに“大逆転勝利”するナデラ氏の秘策とは
「Microsoft Azure」はMicrosoftの成長事業だ。クラウドサービス市場でAzureのシェアをさらに拡大させ、競合Amazon Web Servicesに勝つための同社の取り組みを説明する。(2021/11/30)

クラウドニュースフラッシュ
三菱重工がGoogle「Vertex AI」を選んだ理由 航空機製造でどう使っているのか
三菱重工業の航空機製造工場は、業務自動化のためにGoogle Cloud Platformの「Vertex AI」を採用した。同工場は機械学習をはじめとしたデータ活用にどう取り組んでいるのか。クラウドの主要なニュースを取り上げる。(2021/11/30)

クラウドファーストを転換するケースも
“クラウドスマート”なHCIの狙いとは オンプレミスを再重視した三井化学の意図
「HCI」は製品の機能追加とともに、使われ方も多様になっている。クラウドサービスの利用が広がる中で、どのような点に注目すべきなのか。三井化学の事例を交えて紹介する。(2021/12/9)

オンプレミスのVMをAWSにスムーズに移行する方法【後編】
VMware仮想マシン(VM)を「AWS」に移す簡単な方法
オンプレミスのVMware製品で構築したVMのAWSへの移行は、適切なツールを使えば可能に実行できる。移行に使えるツールと移行手順を説明する。(2021/11/22)

俊敏性・柔軟性を賢く実現
オンプレとクラウドの“いいとこ取り”で実現するハイブリッドクラウドの新常識
オンプレミスと各種クラウドが混在する中、“いいとこ取り”でそれぞれを組み合わせた「ハイブリッドクラウド」が注目を集めている。どのような仕組みなのか。(2021/11/17)

「VM」と「コンテナ」のどちらを利用すべきか【後編】
「Kubernetes」がマルチクラウドに適している“納得の理由”
コンテナはマルチクラウドで動かしたいアプリケーションのインフラに適している。それはなぜか。コンテナの運用管理に利用できるツール、VMとコンテナを併用するメリットと併せて説明する。(2021/11/9)

CXを高める、コンタクトセンターにおけるRFPの作り方【第3回】
コンタクトセンターが製品導入前に気を付けたい、「RFP」作成後レビューのチェック項目
コンタクトセンターが製品選定前の提案依頼書(RFP)を作る際に重視すべき質問内容は何か。「コスト」「サービスレベルアグリーメント(SLA)」「連携」「アプリケーション」などの観点から解説する。(2021/11/9)

インフラの垣根なくDXを目指すための協業
システムの守りを固めつつAI技術で攻める、ハイブリッドクラウド時代のIT戦略
ビジネス環境の変化が激しい昨今、オンプレミスインフラとパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウド戦略のニーズが続いている。そうした中で表明された、HPEと日本IBMの協業により、企業のIT戦略はどう進展するのか。(2021/11/5)

移行する前も後もIT担当者を苦しめる課題:
有識者がこっそり教える「クラウドはオンプレミスよりも難しい」その理由
クラウド利用が当たり前となり、時代はハイブリッドクラウドやマルチクラウドの活用へと進みつつある。こうした中でITインフラはどうあるべきなのか。Publickey新野氏の分析を聞いた。(2021/10/28)

金融機関のクラウドサービス利用に関する調査結果
Googleの調査で分かった「金融機関がクラウドを使わない“本当の理由”」
金融業界でハイブリッドクラウドやマルチクラウドなどのIT戦略の採用が進みつつある。ただしクラウドサービスの導入状況は金融機関によってまちまちだ。金融機関がクラウドサービスの導入で抱える課題とは。(2021/10/19)

コストも運用負荷も抑えてITインフラを刷新
「オンプレかIaaSか」の議論はもう終わり、ハイブリッドクラウドの正しい導入術
ハードウェアの保守が不要なIaaSは中小企業の強い味方だが、オンプレミスのインフラにも利点があるため、両方を使い分けるハイブリッドクラウドの採用が現実解となっている。これを小規模で導入し、徐々に拡大するにはどうすればよいのか。(2021/10/18)

将来を見据え、今選ぶべきITインフラの形
DXへの最短距離を見定める、HCIを活用したITインフラ運用の整理術
DXに向けた「あるべき姿」を組み込んでシステムを再構築するならば、HCIは有効な選択となる。将来的なクラウド環境の構成を見据えて、まず目の前のレガシーインフラをモダナイゼーションする際に、どのような観点で選ぶべきか。(2021/10/19)

安全性とパフォーマンスを両立するポイント
金融業DXの現実解? ハイブリッドクラウド導入の正しい進め方とは
高いセキュリティが必要な金融業界では、従来、クラウドの導入に慎重でDXが思うように進んでいなかった。だがハイブリッドクラウドが、この状況を変えようとしている。その鍵となる、クラウドとデータセンターの接続性を高める方法とは?(2021/9/29)

「統合運用管理」の基本と進化【第3回】
AWS、Azureとオンプレミスの違いが生む問題と、統合運用管理ソフトの使い道
オンプレミスシステムを運用してきた企業がAWSやAzureなどのクラウドサービス利用で直面する問題と、JP1やHinemosなどの統合運用管理ソフトウェアが役立つポイントを考える。(2021/9/29)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第1回】
「仮想化エンジニア」になろう――その仕事内容と必要なスキルとは
仮想化エンジニアの職に就くにはまず、その役割を理解することと採用面接に通過することが必要だ。仮想化エンジニアの具体的な業務内容と、面接時に心掛けておきたいことを説明する。(2021/9/7)

「ネットワーク最新化」に向けた5つのステップ【後編】
「駄目なネットワーク刷新」を避けるための“3つのステップ”
ネットワーク刷新の失敗を避けるには、将来的なニーズの把握やコスト管理など、基本的な取り組みが重要になる。具体的に踏むべきステップについて順を追って紹介する。(2021/9/1)

「ネットワーク最新化」に向けた5つのステップ【前編】
ネットワーク管理者が考えるべき「なぜネットワーク刷新が必要なのか」
利用するネットワークは企業によって異なるが、ネットワークの最新化を図る際の狙いや進め方はほとんど共通している。まず理解すべき点と、最初のステップは。(2021/8/20)

ハイブリッドクラウドの悩ましき課題
ハイブリッドクラウドで全体把握が困難に、IT運用・監視はどう変わるべきか?
ハイブリッド/マルチクラウドが普及する一方、ITインフラ運用担当者からすると、複数の管理対象を個別に取り扱う必要があるため全体像が見えづらいのに加え、俯瞰的かつ横断的な監視が難しいなど課題も多い。これらを解消する方法とは?(2021/9/3)

「統合運用管理」の基本と進化【第2回】
「JP1」と「Hinemos」の歴史で考える企業ITと統合運用管理の移り変わり
システムの運用管理を支える製品として統合運用管理ソフトウェアは長い歴史を持つ。企業ITの変化に応じて統合運用管理がどのように変わっているのか。JP1とHinemosを例にして考える。(2021/9/6)

「統合運用管理」の基本と進化【第1回】
「統合運用管理」とは何か 単純な「運用管理」と何が違うのか?
システム運用が複雑になる中で、企業のシステム運用部門は人員不足やコスト抑制といった問題を抱えている。その課題に焦点を当てるのが統合運用管理ソフトウェアだ。統合運用管理の役割とは。(2021/9/2)