ハイブリッドクラウドユーザーの本音「プログラミング言語に依存したくない」ハイブリッドクラウドのトレンド10選【後編】

「ハイブリッドクラウド」のインフラやツールが進化している。ハイブリッドクラウドを採用することで得られるメリットや、ハイブリッドクラウドのトレンドを紹介する。

2024年05月20日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 オンプレミスとクラウドサービスを併用する「ハイブリッドクラウド」の採用が加速している。ハイブリッドクラウドには、コストの最適化やリスクの分散といったメリットがある。だがそれだけではない。近年はハイブリッドクラウドやハイブリッドクラウドを運用するためのツールも進化している。ハイブリッドクラウドの10大トレンドのうち、6〜10個目を紹介する。

6.言語に依存しないクラウドネイティブアプリ

 「クラウドサービスの管理をシンプルにするため、プログラミング言語に依存しないオープンソースソフトウェア(OSS)の採用が進む」。こう話すのは、オープンソースソフトウェア管理団体Cloud Native Computing Foundation(CNCF)でエコシステム責任者を務めるテイラー・ドレザル氏だ。

 インフラやツールが特定のプログラミング言語に依存しないということは、さまざまなアプリケーションやアーキテクチャを採用できる可能性があるということだ。開発においても、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)やIaC(Infrastructure as Code:コードによるインフラの構成管理)などの手法によって、既存のインフラへの統合がしやすくする。

 「特定のプログラミング言語に依存しないツールを利用すれば『DevOps』(開発と運用の融合)チームがプロジェクトを跨いでアプリケーションをより効率的に開発して運用できるようになる」とドレザル氏は説明する。

7.セキュリティリスクの分散

 サイバーセキュリティ対策を強化するために、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドを検討する企業がある。

 金融サービスを提供するJPMorgan Chaseでグローバルテクニカルインフラ部門のCIO(最高情報責任者)を務めるダリン・アウベス氏は、次のように述べる。「サイバーセキュリティの脅威は複雑になる一方だ。複数のクラウドサービスで運用することで、単一のプロバイダーに脅威が集中するリスクを回避できる」

 CIOが「DX」(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みを進め、ハイブリッドクラウドへの投資を続けていく上で、クラウドサービスによる回復力を確保することが最優先になるとアウベス氏は考える。

8.オプションの多様化によるコスト最適化

 ベンダーと機能の適切な組み合わせを見つけることは、クラウドサービスへの投資を最適化するのに役立つ。例えば、最新のx86プロセッサではなくArm製のプロセッサを使用することで、コスト削減につながる可能性がある。「オンプレミスのインフラでは選択肢が限られるが、パブリッククラウドならプロセッサを簡単に選択できる」とアウベス氏は考える。

9.アプリケーションの近代化がもたらす課題

 「クラウド移行が有望であることを認識していながらも、効果的に移行する資金、人材、知識が不足しているCIOにとって、アプリケーションの近代化に伴うコストは依然として問題だ」。そう語るのは、コンサルタント企業Nucleus Researchでシニアアナリストを務めるアレクサンダー・ワーム氏だ。

 ベンダーは、オンプレミスにおける既存のアプリケーションのサポートを続けながら、クラウドサービスでの今後の開発に集中できるように「run-anywhere」(どこでも動作する)モデルを優先し始めている。ワーム氏は、アプリケーションの近代化を効果的かつコスト効率よく図るため、クラウドネイティブの開発を優先しながら段階的にクラウドサービスに移行する計画を採用することをCIOに推奨する。

10.パフォーマンスとコストのバランス

 企業は、さまざまなアプリケーションニーズに対応するためにハイブリッドクラウドを選ぶようになっている。「画一的なアプローチでは不十分であることを認識し始めている」とコンサルティング企業Everest Groupのランジャン氏は話す。企業は、パブリッククラウドであろうと、レガシーなオンプレミスインフラであろうと、パフォーマンスが最適になる場所にアプリケーションを計画的に配置する必要がある。

 レガシーインフラは、時間、コスト、アプリケーションのパフォーマンス、技術的な専門知識、データ損失の可能性など、移行にまつわる課題をもたらす可能性がある。新しいインフラや基盤への移行が望ましいが、そのためには企業がリソースを一元的に監視して、デプロイの自動化を実装し、異なるインフラや基盤の間でセキュリティとコンプライアンスのポリシーを一貫させる必要がある。

 「ハイブリッドクラウドを採用する企業は、ハードウェア、コンプライアンス、規制、コスト管理に自信を持てるようになる」(ランジャン氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...