NVIDIAがGPU「A100」で開発、“3D生成AI”「LATTE3D」は何が革新的かテキストから3Dモデルを生成

NVIDIAは、3Dモデルを生成できるAIモデル「LATTE3D」の開発プロジェクトについて発表した。3Dモデルを生成するAIモデルとして何が画期的なのか。

2024年05月17日 08時30分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | GPU


 GPU(グラフィックス処理装置)ベンダーのNVIDIAは2024年3月、同社のブログで、テキストを基に3D(3次元)モデルを生成する人工知能(AI)モデル「LATTE3D」の開発プロジェクトを発表した。3Dモデルを生成するAIモデルはこれまでも存在した。専門家はLATTE3Dには“ある特性”において革新的だと指摘する。

NVIDIAが開発した「3D生成AI」は何が革新的?

 LATTE3Dは、テキストのプロンプト(生成AIに対して出す質問や指示)をほぼ1秒以内で物体や動物の3Dモデルに変換できる。3Dモデルを生成する際は、標準的なレンダリング(画像や映像の描画)アプリケーションで使用できるフォーマットを使用するため、生成した3Dモデルをエクスポートして使うことが可能だ。仮想空間「メタバース」の構築ツール群「NVIDIA Omniverse」で3Dモデルを使うこともできる。

 LATTE3Dは「動物」と「物体」の2つのデータセットで訓練されているが、ユーザーは他のデータセットを訓練に使用することもできる。例えば、造園業者が植物のデータセットでLATTE3Dを訓練することで、顧客との打ち合わせに使用する図面作成といった用途に役立てることができる。

 ユーザーが入力するプロンプトの理解度を向上させるために、AIベンダーOpenAIのAIチャットbot(AI技術を活用したチャットbot)「ChatGPT」で生成したテキストプロンプトが訓練に使われたという。トレーニングを支えるハードウェアとしては、NVIDIAのGPU「NVIDIA A100 Tensor Core GPU」(以下、A100)が使われた。

画像 図 「スケートボードに乗った折り紙のスフィンクス猫」というプロンプトを用いてLATTE3Dで生成した3Dモデル(出典:NVIDIAのWebサイト)

 ワシントン大学(The University of Washington)情報学部の教授チラグ・シャー氏は、LATTE3Dの革新的なポイントは生成する3Dモデルの良し悪しではなく、生成速度の速さにあると指摘する。従来、3Dモデルの生成には1時間近くかかることがあったが、LATTE3Dはほぼ1秒以内で生成できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。