NVIDIAに“待った” Intelら競合ベンダーは「GPU独り勝ち」を崩せるのかAI半導体ベンダーの追撃【前編】

AI(人工知能)技術分野でNVIDIA製のGPUやツールの採用が相次いでいる。こうした状況に対抗するため、競合ベンダーが“ある策”に打って出た。

2024年05月09日 08時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 GPU(グラフィックス処理装置)ベンダーのNVIDIAは、人工知能(AI)技術分野における半導体市場で、際立った存在感を放っている。同社の開発者向けツール群「CUDA」はAI開発者に広く採用され、テキストや画像などを自動生成する「生成AI」(ジェネレーティブAI)市場においても、同社の製品・サービスの利用が広がっている。

 しかし生成AI市場が拡大するにつれて、ハードウェアとソフトウェアの両市場でさらなる競争を望む声が出ている。そうした中でIntelをはじめとした競合ベンダーは、業界団体「Unified Acceleration Foundation」(以下、UXL Foundation)を設立した。NVIDIAにどう対抗しようとしているのか。

NVIDIAに対する“Intel連合の策”

 UXL Foundationは業界団体Linux Foundationの下部組織で、加盟企業にはArm、Intel、Qualcomm Technologies、Samsung Electronics、VMware、富士通などが名を連ねている。UXL FoundationはCPU(中央演算装置)やGPU(グラフィックス処理装置)のエコシステム(複数の企業による共存共栄の仕組み)を、オープンソースソフトウェア(OSS)とオープンスタンダード(相互運用性を確保するための標準仕様)によって構築することを目標としている。

 NVIDIAが提供するCUDAは、開発したプログラムを基本的に同社のGPUで動かすことを前提にしている。UXL Foundationの加盟ベンダーは、開発者が特定のアーキテクチャでアプリケーションを開発せざるを得なくなると主張している。

 「OSSおよびオープンスタンダードであるツールを選ぶことで、開発者はアプリケーションのソースコードを書く際にコンパイル(実行可能ファイルへの変換)対象のGPUを意識する必要がなくなる」。UXL Foundationの運営委員会のメンバーであるロッド・バーンズ氏はそう述べる。

oneAPIとは

 UXL Foundationはオープンスタンダード(相互運用性を確保するための標準仕様)なツールの普及を掲げており、その先駆けとしてIntelの「oneAPI」の取り組みを発展させようとしている。oneAPIはIntelが進めているプロジェクトおよびオープンソースソフトウェア(OSS)の開発者向けツール群の名称だ。同団体は、oneAPIが、ヘテロジニアス(異種混合)なアーキテクチャによるAIアプリケーションを開発する足掛かりになると主張している。

 UXL Foundationの戦略はNVIDIAの支配的地位を崩す点にあるように見えるが、複数の業界の専門家によると、重要なのはより多くの選択肢を市場に提供することだという。

 「市場は拡大を続けており、NVIDIAができることには限りがある」と、アナリストのマーク・ベキュー氏は述べる。NVIDIAは、さまざまな目的に沿ったGPUをいち早く開発したことで製品供給を拡大した。ライバルのIntelやAMD(Advanced Micro Devices)は、容易には遅れを取り戻せない状況に置かれている。


 次回はオープンソースによって市場を活性化させようとする取り組みについて解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...