AMD「NVIDIAに勝つ」は大げさではない? 攻めに出るGPU“永遠の二番手”あの大手も続々採用

NVIDIAの競合となる半導体ベンダーAMDが、GPU製品を拡充するなど攻めに出ている。AI技術を活用するための半導体製品として、AMD製品を採用する動きも活発だ。AMD製品に対する評価とは。

2024年03月21日 08時30分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

関連キーワード

AMD | 人工知能 | ビジネスモデル


 半導体製品ベンダーAdvanced Micro Devices(AMD)は人工知能(AI)技術分野で競合NVIDIAに対抗するため、攻勢に転じている。NVIDIAがAI分野で際立った存在感を示す中、GPU(グラフィックス処理装置)を含む半導体製品や、AI技術活用のためのソフトウェアを含めて、AMD製品に対する評価はどのようなものなのか。大手ITベンダーによる採用が進みつつある現状を踏まえて整理する。

AMDが「GPUでNVIDIAに勝つ」は案外大げさではない?

 「AI技術はコンピューティング分野を大きく変えようとしている」。AMDのCEO(最高経営責任者)リサ・スー氏はそう語る。AMDは大規模なデータセンターで使われるサーバだけではなく、PCまでを含め、ITのさまざまな分野でAI技術を利用しやすくする半導体製品の開発に力を入れる。

 AMDが手掛けるAI分野向け半導体製品には、同社が2023年12月に発表したGPU「Instinct MI300」シリーズや、AI技術の活用を想定したソフトウェア開発支援ライブラリ・ツール群「AMD ROCm」などがある。「これらを使うことで、大規模言語モデル(LLM)を用いた本格的なAI技術活用ができる」と同社は説明する。こうしたデータセンター向けの製品群だけではなく、同社はPCにおけるAI技術活用を最適化するプロセッサ「Ryzen AI」も提供している。

相次ぐAMD製品の採用

 Microsoftは2023年12月、同社クラウドサービス群「Microsoft Azure」の新たな仮想マシン(VM)「ND MI300x v5」を発表した。このVMはInstinct MI300を採用し、AI技術の処理に最適化している。OracleはInstinct MI300を同社のベアメタルサーバに採用する。Dell TechnologiesやHPE、Lenovoも、Instinct MI300を採用する計画を発表した。

 Meta Platforms(旧Facebook)は、Instinct MI300とAMD ROCmを使い、メタバース(巨大仮想空間)などの各種サービスを運用する同社データセンターで、AI技術活用を広げる計画を明らかにしている。

 HPEのシニアバイスプレジデントでAI担当の最高製品責任者(CPO)トリシュ・ダムクローガー氏は、AMDのAI分野向け半導体製品を、スーパーコンピュータ「HPE Cray EX」に搭載し、演算性能を高めるとともに、エネルギー効率を改善したと説明する。これにより、HPE Cray EXのユーザー企業はAI技術を使ったモデリングやシミュレーションがしやすくなる。

 ローレンス・リバモア国立研究所(Lawrence Livermore National Laboratory)の最高技術責任者(CTO)ブロニス・スピンスキ氏によれば、同研究所はHPEが構築を手掛ける同研究所のスーパーコンピュータ「El Capitan」にAMDのAI向け半導体製品を取り入れ、演算性能の向上を図っている。「CPUとGPU間のデータのやりとりが性能を低下させる原因になっていたが、AMDのAIアクセラレーターを使うことで問題を解決できた」(スピンスキ氏)

 AIベンダーOpenAIは、同社が開発するGPU用プログラミング言語「Triton 3.0」でInstinct MI300を使えるようにしている。AIベンダーLaminiのCTO、グレッグ・ディアモス氏はAMD ROCmについて「AI開発者にとって事実上の標準となっているNVIDIAの『CUDA』(開発者向けツール群)に引けを取らない」と評価する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。