2019年07月05日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない、ネットワークの主要事業者「MSP」「SIer」「VAR」の違いは?ネットワークサービスの必修キーワード【後編】

ネットワークサービスの調達先はNSPやISPだけではない。その他の選択肢として有力な「MSP」「SIer」「VAR」を紹介する。

[Michaela Goss,TechTarget]

関連キーワード

ISP | ADSL | イーサネット | ネットワーク


画像

 前編「いまさら聞けない、ネットワークサービスを手掛ける『NSP』『ISP』は何が違う?」では、ネットワークサービスを理解するために知っておくべき基礎的なキーワードとして、ネットワークサービスの主要事業者である「ネットワークサービスプロバイダー」(NSP)と「インターネットサービスプロバイダー」(ISP)について紹介。それぞれのサービス内容や役割について解説した。後編では、ネットワークサービスの調達方法としてマネージドネットワークサービスについて紹介した上で、製品選びの際に注意したいポイントを解説する。

マネージドサービスプロバイダー(MSP)

 マネージドサービスプロバイダー(MSP)は、ITインフラとシステムをリモートで運用管理するマネージドネットワークサービスを提供する事業者だ。一般的にはサービス品質保証契約(SLA)に基づいて、サブスクリプション形式でサービスを提供する。マネージドネットワークサービスは利用料金が定額であるため、ITインフラに関わる運用コストの予測可能性を高めることが可能だ。この点が他のネットワークサービスのモデルとは異なる。

 利用できる機能で比べると、MSPが手掛けるマネージドネットワークサービスと、基本的なネットワークサービスとの間に大きな違いはない。ただし機能の運用管理はユーザー企業ではなく、アウトソーシング先のMSPが担う。MSPは、ネットワークサービスをリモートで操作、監視、保守する。

 マネージドネットワークサービスは、ネットワークの運用管理に関わる業務をサービスとして調達可能にする。IT人材の雇用コストの削減につながるため、中小企業など、雇用できるIT人材が限られる企業に適している。大企業ならば、マネージドネットワークサービスを利用することでITスタッフを単純な運用管理の作業から解放し、他のプロジェクトへ振り向けることができる。

 近年はクラウドが台頭したため、MSPはクラウドに適したネットワークの運用管理方法を確立する必要に迫られた。MSPは常に変化するITインフラの課題に向き合わなければならない。ユーザー企業におけるネットワークの運用コストを適切に保つ使命も抱えており、これもMSPにとっては課題となっている。ユーザー企業にとっての手頃な運用コストと、MSPとしての利益のバランスを維持する必要があるためだ。

システムインテグレーター(SIer)

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...