2019年05月21日 05時00分 公開
特集/連載

2つの重要指標ネットワークの「可用性」と「信頼性」は何が違うのか

ネットワークの可用性は、インフラにアクセスできるかどうかをひと目で分かるようにする。一方、ネットワークの信頼性は、インフラが機能的なプロセスをどの程度適切にサポートするかに注目する。

[Amy Larsen DeCarlo,TechTarget]
画像

 サービスベンダーとサービス品質保証契約(SLA)を取り決める際、ベンダーのパフォーマンス評価に使用される最も重要な指標が2つある。それが、ネットワークの「可用性」と「信頼性」だ。この2つの用語が間違って同じ意味で使用されることもあるが、明らかに異なる意味がある。

 ネットワークの可用性とは、一定機関内にインフラが運用されている時間の比率を表す。つまり稼働時間を、サービスを提供している総時間で除算した値になる。

 ネットワークの信頼性は、インフラが中断なく機能している時間を追跡する。信頼性は2種類の式で評価される。1つ目は平均故障間隔(MTBF)で、サービスを提供している総時間を故障回数で除算した値になる。2つ目は故障率で、故障回数を、サービスを提供している総時間で除算した値になる。

パフォーマンスを測定するさまざまな方法

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...

news016.jpg

オウンドメディアリクルーティング、実践企業の約9割が効果を実感――Indeed Japan調査
Indeed Japanは「オウンドメディアリクルーティング」に関する調査を実施しました。