フラッシュドライブの信頼性向上【前編】
SSDの信頼性検証の歴史を振り返る
物理的破損が生じない分だけHDDよりも信頼性が高いとされるSSD。しかしSSDにもデータが破損する問題が存在した。まずはSSDの課題が検証されてきた歴史を再確認しよう。(2020/9/4)

2つの重要指標
ネットワークの「可用性」と「信頼性」は何が違うのか
ネットワークの可用性は、インフラにアクセスできるかどうかをひと目で分かるようにする。一方、ネットワークの信頼性は、インフラが機能的なプロセスをどの程度適切にサポートするかに注目する。(2019/5/21)

「ThinkBook 13s」が“高コスパ”な理由
低価格、高性能、高信頼性――PC選びの要求を一度にかなえる「ThinkBook 13s」
業務用PCに求める要件はさまざまだ。低価格や高い処理能力、セキュリティ機能、信頼性といった要件はその筆頭と言える。そうした要件を同時に満たすノートPCとはどのようなものだろうか。(2019/12/24)

安全、安心を通して新たな「IoT」を確立
IoTで高まる“傍受・改ざん”リスク、データの安全性と信頼性はどう確立する?
IoTが急速に普及し、建物設備や産業機器の脆弱性を突いた攻撃や、データ流出・改ざんの被害に遭うケースが増えている。これを防ぐには、ネットワークレベルにとどまらず、機器の製造/物流から廃棄までライフサイクル全体の保護が必要だ。(2020/11/25)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナや機械学習でデータ活用はどう変わる? 次世代型ストレージ基盤の実力
データの複雑性と規模の増大により、ストレージシステムには、信頼性やコスト効率、データ削減など、多様かつ高度な要件が求められるようになった。その中で注目される、コンテナや機械学習を採用した、次世代型のストレージ基盤とは?(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
金融機関を狙う攻撃が急増、会計データ流出やシステム停止をどう回避する?
銀行や証券会社などの金融機関にとって、顧客の会計データの流出や金融システムの停止は、信頼性を担保するためにも必ず回避せねばならない。そのための対策においてカギとなるのが、万が一システムが破壊された場合の“回復戦略”だ。(2021/1/15)

性能、信頼性、コストのバランスも
同じようで全く違う、オールフラッシュは「独自技術」で見極める
本当に「SSDやNVMeを搭載したストレージ製品ならどれでも間違いない」のだろうか。オールフラッシュストレージは安い買い物ではないだけに、鑑識眼を磨きたい。性能、信頼性、コストのバランスを見極める際に注目すべきポイントは。(2020/10/5)

クラウドとオンプレミスを比較する4つのポイント【前編】
クラウドとオンプレミスはどちらがより「安全」で「信頼」できるのか
クラウドサービスよりも、ハードウェアを自社で制御できるオンプレミスのインフラの方がセキュリティが高いかというと、必ずしもそうではない。2つのインフラの違いを「セキュリティ」「信頼性」の観点で比較する。(2020/7/9)

HDDより予兆は見つけにくい?
「SSD」の障害を引き起こす4つの原因と対処法
SSDはHDDと比べて高速処理が可能で信頼性も高いが、障害が発生することはある。SSDの障害が起こる原因と、正常な状態で使い続けるための方法を紹介する。(2020/5/6)

「AI」の信頼性と透明性の確保に向けて【前編】
本当は怖くない「AI」 説明可能性はなぜ大事か
アルゴリズムに対する信頼性がなければ、AI技術の導入は進まないだろう。そこで今、企業はAI技術を採用した自社システムの透明性を高め、説明可能にする取り組みを進めている。(2019/12/17)

食品産業とブロックチェーン【後編】
「ブロックチェーン」を食品のトレーサビリティ確保に使うのは是か非か?
ブロックチェーンの信頼性はフードトレーサビリティの確保に役立つ。ただし新技術にありがちな課題から、ブロックチェーンの可能性に懐疑的な視線を向ける専門家もいる。(2020/1/10)

ビジネスでの可能性は
「料金が高くても5Gに変える」が7割以上 そこまでして得たいメリットは
「5G」の導入に前向きな企業は、仮にコストが上がることが分かったとしても、導入を諦める気はないようだ。企業が5Gに期待するのは、ネットワークのデータ伝送速度と信頼性の向上などだ。(2019/8/2)

深刻な欠陥か成長過程の困難か
Slackで本当に大丈夫? 大規模障害で高まる信頼性への懸念
2018年6月、「Slack」に障害が発生した。ビジネス上のコミュニケーションを目的とするツールに発生した障害は、企業からの信用を揺るがしかねないと懸念するアナリストもいる。(2018/8/8)

止められない大規模システムでも安心
「HCIはミッションクリティカルなシステムに向かない」はもう古い
「止められないシステムを載せるITインフラには、3階層システムの方が高性能で信頼性も高い」という考えはもう古いかもしれない。HCIには3階層システムの欠点を克服でき、その長所を上回る魅力があるからだ。(2019/4/12)

小規模でこそ輝くSDN
シンプルで信頼性の高いネットワークをSDNで手に入れる
大規模向けの技術とされてきた「SDN」(ソフトウェア定義ネットワーク)だが、昨今では小規模で安価に活用できる製品に変わってきた。その特徴を見てみよう。(2018/8/29)

フレックスジャパンが挑んだプラットフォーム移行
事例:大手ワイシャツメーカーがこだわった“メインフレーム級”の信頼性、最新ストレージはどう応えたか
企業の競争力を生み出す業務アプリケーションの信頼性を高めるにはどうすればいいのか。フレックスジャパンが推進した“メインフレーム級”の信頼性を誇るストレージ製品の導入を紹介する。(2015/3/20)

「バジェット(予算)」という言葉を誤解するなかれ
「サイト信頼性エンジニアリング」(SRE)における「エラー予算」とは何か
IT運用チームは、どの程度の数の問題発生を許容するのだろうか。「エラーバジェット(エラー予算)」という考え方の意味をおさらいしよう。これを誤解するとIT戦略を立てる際にリスクを読み違える恐れがある。(2018/3/21)

復旧できないバックアップはいらない
バックアップ運用見直しと併せて考えたいリカバリーの信頼性向上とコスト削減
本番系がダウンした時、スタンバイサイトにアクセスできるエンジニアがリカバリーのプロとは限らない。3つの失敗パターンから常にシステムを稼働し続ける方法を探る。(2018/4/26)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
使いやすさ&低コストが2大要件、中堅企業に適したオールフラッシュの選び方
中堅中小企業のストレージ選定では、パフォーマンス、信頼性、スケーラビリティに加え、「使いやすさ」と「低コスト」の2つも重要な要件となる。それらを踏まえ、ミッドレンジ市場向けフラッシュストレージの最適解を探る。(2018/11/26)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
技術/コスト両面から解説、重複排除ソリューション選びの要注意ポイントとは?
重複排除システムは全て同様に作られているという誤解があるが、効率化と高速化の手法や、実際にデータが信頼性の高い方法でリカバリーできるかについては大きな違いがある。技術/コストの両面から、適切な製品選びのポイントを解説する。(2018/11/16)

高レベルの冗長性を確保
「災害でクラウドが止まる日」に備えてマルチクラウドを検討すべき理由
災害復旧戦略にマルチクラウドの利用を含めると、導入がやや難しくなる。だが、うまく導入できれば、クラウド計画の信頼性が高まる。(2018/8/31)

キーワードは「イレージャーコーディング」
ストレージのRAID離れ オブジェクトストレージの人気が高まる理由は?
RAIDは定評のあるストレージテクノロジーで、信頼性と安全性の高さで知られているが、データ量の増加に伴い、より柔軟性が高く、効率性に優れた手段が注目されている。(2018/9/20)

表示の整合性を保つ
企業幹部の心を動かす優れたデータ可視化、7つの実践手法
データの可視化によって表示するデータが正しく解釈されるには、表示の整合性が必要だ。本稿で紹介する設計手順に従えば、表示の信頼性を高めることができる。(2018/7/17)

信頼性、プライバシー、柔軟性、最適化
IT部門にとってマルチクラウド戦略を取った方がいい4つの状況
企業はマルチクラウドによって多くの恩恵を得る。サービスの信頼性確保や、プライバシーの保護、柔軟性の維持、クラウドエクスペリエンスの最適化が必要な企業では、特にそうだ。(2018/5/2)

クラウドシフトを成功させるためのエッセンス
基幹系のクラウド移行が本格化、選ぶべきパブリッククラウドの基準
クラウド活用は「試しに使ってみる」から「本格的に移行する」へと変わってきている。オンプレミスと変わらない信頼性を提供するクラウドベンダーの技術とは。(2018/6/28)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
性能4倍強化とコスト削減を実現、カシオ計算機が選んだストレージとは
ビジネスの根幹を支える全社仮想化基盤用ストレージをリプレースしたカシオ計算機。既存ストレージは導入から相応の年月がたち、コストや信頼性、運用管理性などに課題を抱え、解決できる製品を求めていた。新ストレージ導入後の成果は。(2018/4/27)

戻せないバックアップを取っていませんか
Windows 10担当者が喜ぶ「無料で優秀」なバックアップユーティリティーとは
バックアップと復元のツールにとって重要なのは信頼性だ。「これさえ入れれば」とはいかないが、無料でも優れた機能を提供してくれるツールは存在する。本稿では、サードパーティー製ユーティリティーを紹介する。(2018/1/21)

手作業による運用管理からの解放
DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。(2017/2/22)

日本では2020年度後半以降に終了
企業はISDNサービス終了に備えよ、IoT時代へ向けた8つのステップ
ISDNは近い将来にサービスが終了することが明らかだ。企業は適切な代替技術を見つけ、IoT時代に向けて通信の信頼性と安全性を確保する必要がある。(2017/2/3)

なぜ、経営層は上がってきた数字に対して嘆き続けるのか
データの信頼性と連携性を高めるための“計画系システムの統合”の進め方
“数字に基づく経営”が身近なものとなりつつある中、「数字が上がってくるのが遅い」「上がってくる数字が信用できない」といった不満を抱く経営層が増えている。どうすれば解決できるか。(2016/9/26)