2022年03月28日 10時00分 公開
PR

広がる工場の無線化、配線レスやモビリティ活用の価値を得るために必要なもの工場ネットワーク

スマート工場化が加速する中で「工場内ネットワークの無線化」が注目されているが、安定性や信頼性といった課題も存在する。日本ヒューレット・パッカードの安藤博昭氏と天野重敏氏、MONOist編集長の三島一孝が鼎談(ていだん)した。

[ITmedia]

 製造現場でIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)など、先進デジタル技術を活用するスマート工場化が加速している。ネットワーク活用を前提としたこれらの技術が浸透する中で大きな注目を集めているのが、工場ネットワークの無線化だ。無線化することで、工場内のケーブル配線を減らすことができる他、AGV(無人搬送車)やハンディターミナルなどのモビリティの活用、配線が難しい位置への機材設置などさまざまなメリットがある。

 一方で、無線ネットワークの活用は、安定性や信頼性、安全性の面での懸念もある。これらを踏まえて、工場の無線化における課題やそれを解決する技術、また無線化を進める中で必要なマインドセットについて、工場内ネットワークでさまざまな実績を持つ日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部(以下、HPE Aruba)の安藤博昭氏(ビジネス開発営業本部 本部長)と天野重敏氏(技術統括本部 第二技術部 部長)、MONOist編集長の三島一孝が鼎談(ていだん)した。

※本稿は、MONOistからの転載記事です。


提供:日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.