「5G」対「無線LAN」 「消費電力が高過ぎる」「信頼できない」のはどっち?エッジで戦う「5G」と「無線LAN」【後編】

企業はエッジコンピューティングに取り組む際、通信技術を5Gに切り替えるべきなのか。それともおなじみの無線LANを使い続けた方がいいのか。「消費電力」と「信頼性」の観点から考える。

2021年09月25日 05時00分 公開
[Giacomo BernardiTechTarget]

 IoT(モノのインターネット)時代の今、データの発生源であるデバイスの近くを意味する「エッジ」でデータを処理する「エッジコンピューティング」が広がっている。そうした中、高速で遅延の少ない通信を支える技術として、無線LANと「5G」(第5世代移動通信システム)の2つに注目が集まる。企業はどちらを採用すればいいのか。無線LANの「低コスト」のメリットを紹介した前編「『5G』なんていらない――『無線LAN』さえあれば十分な“これだけの根拠”」に続き、後編となる本稿は無線LANの「低消費電力」と「高い信頼性」を取り上げる。

エッジのデバイスが増えるほど重要な「低消費電力」に注目

ITmedia マーケティング新着記事

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。

news026.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。