2021年09月26日 05時00分 公開
特集/連載

「Mac」が嫌われる6つの理由「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第3回】

「Mac」を標準のクライアントデバイスとして導入する場合、企業は幾つかの課題に対処する必要がある。特に「Windows」搭載PCとの違いを踏まえて、Mac導入・運用時の注意点を整理しよう。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 Appleのクライアントデバイス「Mac」を業務で使いたい――。こうした従業員からのニーズの高まりに応えるべく、IT部門は「Windows」搭載PCだけでなく、Macを標準のクライアントデバイスとして採用する必要に迫られている。企業がMacを導入、運用する場合には、幾つかの課題に対処しなければならない。

1.「使えないアプリ」の存在

 業務用の市販アプリケーションや独自開発のアプリケーションの中には、MacのOS「macOS」では使えないものもある。Windows専用のアプリケーションをMacで実行するには仮想化製品の導入が必要となることがあり、そのためのコストがかかるだけでなく、運用が複雑になる。

2.アプリケーションの機能不足

 ウイルス対策ソフトウェアといった特殊用途のアプリケーションの中には、macOS版が存在するとしても、もともとはWindows専用だったものが少なからずある。そうしたアプリケーションのmacOS版は、Windows版と比べて機能が限定されていたり、少なかったりすることがある。

3.Windows版とはソフトウェアライセンスが別

 macOS版とWindows版の双方を用意するアプリケーションの場合、macOS版とWindows版のソフトウェアライセンスが分かれていることがある。例えばMicrosoftのWindows向け統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2019」のソフトウェアライセンスがある企業でも、そのmacOS版に相当する「Visual Studio for Mac」を利用することはできない。

4.専門エンジニア

 一般的にクライアントデバイスの修理やアップグレードには、それが単純な手順であっても専門知識を持つエンジニアの支援が必要になる。Windows搭載PC専門のエンジニアが、Macの修理やアップグレードを適切にこなせるとは限らない。

5.管理

 Windowsを中心にシステムを構築し、運用してきた企業では、MacとWindows搭載PCの両方を使う場合に新たな管理コストが発生する。IT部門にとっては管理作業が複雑になる。

6.カスタマイズ

 Windows搭載PCと比べると、AppleがMac向けに用意するハードウェア構成の種類は限られている。結果として企業にとってMacをカスタマイズして導入することは難しい。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...