2021年07月07日 05時00分 公開
特集/連載

ホテルが「Wi-Fi 6」無線LANで実現した“宿泊客もIT担当も喜ぶ仕組み”とは?顧客体験を向上させるホテルの切り札

歴史的建造物を利用するホテルHard Rock Hotel Amsterdam Americanは、「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN製品と管理ツールを導入し、宿泊者の利便性向上とITチームの負荷軽減を両立したという。どういうことなのか。

[Joe O’Halloran,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 顧客満足 | ネットワーク


 欧州各国が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のために実施していたロックダウン(都市封鎖)を解除し、市民は再び旅行ができるようになった。最初にその恩恵を受けるとみられるのは、航空業界とホテル業界だ。

 音楽をテーマとしたホテルチェーン、Hard Rock Hotelに属するオランダ・アムステルダムのHard Rock Hotel Amsterdam Americanは、ネットワーク機器ベンダーExtreme Networksの無線LAN製品を導入した。無線LANの最新規格である「IEEE 802.11ax」(業界団体Wi-Fi Allianceによる表記は「Wi-Fi 6」)に準拠した無線LANを構築し、再び増え始めた宿泊客の顧客体験の向上を目指している。

 ホテル業界では無線LANの需要がかつてないほど高まっている。宿泊客や従業員がモバイル端末を使ってインターネットに接続することが当たり前になったからだ。Hard Rock Hotel Amsterdam Americanもその例外ではない。

 Hard Rock Hotel Amsterdam Americanはアムステルダム市内でも屈指のアールヌーボー様式(植物や曲線が特徴的な芸術様式)の建築物を利用し、歴史的な雰囲気を醸し出している。同ホテルは建物の建設上の問題で従来型ネットワーク機器の設置が難しく、これまで信頼性の高い無線LANを構築できなかった。他方で宿泊客によるルームサービスの注文やチェックアウトの手続き、ホテルによる客室清掃の管理など、さまざまなところでデジタル化の需要が高まり、無線ネットワークの強化は急務だった。

新たな無線LANで実現した“宿泊客もITチームも喜ぶ仕組み”とは

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...