古都ヨークが「Microsoft 365」保護にBarracudaのクラウドバックアップを使う“本当の理由”「市民も安心のデータ保護」をどう実現するか

英ヨーク市はオフィススイート「Microsoft 365」への移行に伴い、市民データを守るためのクラウドバックアップを導入した。何を選び、どのような目的で導入したのか。現場の評価ポイントも含めて紹介する。

2021年08月12日 05時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 英国ヨーク市は、メールなどのコミュニケーションツールやドキュメント作成ツールなどのオフィススイートをオンプレミス(自社運用)ソフトウェアからクラウドサービスの「Microsoft 365」(Office 365)に移行させた。Microsoft 365のデータを保護するために、Barracuda Networksのバックアップのクラウドサービス(クラウドバックアップ)の「Barracuda Cloud-to-Cloud Backup」を採用している。

 古都として知られ約21万人の人口を有するヨーク市はBarracuda Cloud-to-Cloud Backupを使い、同市が扱っている市民データをサイバー攻撃による流出や損失から守っている。

「災害」「攻撃」への備えだけじゃない、バックアップの“本当の目的”は?

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...