古都ヨークが「Microsoft 365」保護にBarracudaのクラウドバックアップを使う“本当の理由”「市民も安心のデータ保護」をどう実現するか

英ヨーク市はオフィススイート「Microsoft 365」への移行に伴い、市民データを守るためのクラウドバックアップを導入した。何を選び、どのような目的で導入したのか。現場の評価ポイントも含めて紹介する。

2021年08月12日 05時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 英国ヨーク市は、メールなどのコミュニケーションツールやドキュメント作成ツールなどのオフィススイートをオンプレミス(自社運用)ソフトウェアからクラウドサービスの「Microsoft 365」(Office 365)に移行させた。Microsoft 365のデータを保護するために、Barracuda Networksのバックアップのクラウドサービス(クラウドバックアップ)の「Barracuda Cloud-to-Cloud Backup」を採用している。

 古都として知られ約21万人の人口を有するヨーク市はBarracuda Cloud-to-Cloud Backupを使い、同市が扱っている市民データをサイバー攻撃による流出や損失から守っている。

「災害」「攻撃」への備えだけじゃない、バックアップの“本当の目的”は?

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...