2020年01月07日 05時00分 公開
特集/連載

郊外のホテルがIoTで具現化した「スマートホテル」とはIoTでホテルの概念が変わる【後編】

「IoT」はさまざまな産業の業務を変革する可能性を秘めている。ホテル業界もその一つだ。IoTを先駆的に取り入れたRoyal Park Hotelは、どのようにホテル業務を変えたのか。

[Sharon Shea,TechTarget]

 デトロイト郊外のロチェスターにあるホテルRoyal Park Hotelは宿泊客へのホスピタリティを高めるために、IoT(モノのインターネット)によってホテル内の設備をアップグレードした。前編「米ホテルは『スマートロック』導入でチェックインをどう効率化したのか」に続き、同ホテルがどのようなIT環境を構築し、どのようなメリットを得たのか説明する。

メリットを得るのは宿泊客だけではない

 Royal Park HotelがIoTを導入するのは、宿泊客の利便性のためだけではない。セキュリティベンダーSekureTrakが提供するBLE(Bluetooth Low Energy)ビーコン製品「TraknProtect Safety Button」は、スタッフと宿泊客の安全強化を目的としている。スタッフがSafety Buttonに埋め込まれたボタンを押すと、Safety ButtonはRuckus NetworksのIoTプラットフォーム「Ruckus IoT Suite」に信号を送る。同ホテルの管理部はこの信号によってスタッフの現在地を特定でき、潜在的にどのような問題があるのかを検討できる仕組みだ。

 この方法は、近々ホテル業界に適用されるセキュリティ規制に準拠する手段としても有効に機能する。アメリカのホテル業界団体American Hotel & Lodging Association(AHLA)は自発的に掲げるコミットメント「5-Star Promise」で、2020年末までに北米の全ホテルのスタッフが安全装置を携帯することを義務付けている。「これは大きな取り組みだ。Safety Buttonは、5-Star Promiseの条件を満たすために使用できる」。こう語るのは、Ruckus NetworksでIoT事業のシニアディレクター兼ゼネラルマネジャーを務めるマーク・グロジンスキー氏だ。

IoTで実現する「スマートホテル」の具体像

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...