2020年01月07日 05時00分 公開
特集/連載

郊外のホテルがIoTで具現化した「スマートホテル」とはIoTでホテルの概念が変わる【後編】

「IoT」はさまざまな産業の業務を変革する可能性を秘めている。ホテル業界もその一つだ。IoTを先駆的に取り入れたRoyal Park Hotelは、どのようにホテル業務を変えたのか。

[Sharon Shea,TechTarget]

 デトロイト郊外のロチェスターにあるホテルRoyal Park Hotelは宿泊客へのホスピタリティを高めるために、IoT(モノのインターネット)によってホテル内の設備をアップグレードした。前編「米ホテルは『スマートロック』導入でチェックインをどう効率化したのか」に続き、同ホテルがどのようなIT環境を構築し、どのようなメリットを得たのか説明する。

メリットを得るのは宿泊客だけではない

 Royal Park HotelがIoTを導入するのは、宿泊客の利便性のためだけではない。セキュリティベンダーSekureTrakが提供するBLE(Bluetooth Low Energy)ビーコン製品「TraknProtect Safety Button」は、スタッフと宿泊客の安全強化を目的としている。スタッフがSafety Buttonに埋め込まれたボタンを押すと、Safety ButtonはRuckus NetworksのIoTプラットフォーム「Ruckus IoT Suite」に信号を送る。同ホテルの管理部はこの信号によってスタッフの現在地を特定でき、潜在的にどのような問題があるのかを検討できる仕組みだ。

 この方法は、近々ホテル業界に適用されるセキュリティ規制に準拠する手段としても有効に機能する。アメリカのホテル業界団体American Hotel & Lodging Association(AHLA)は自発的に掲げるコミットメント「5-Star Promise」で、2020年末までに北米の全ホテルのスタッフが安全装置を携帯することを義務付けている。「これは大きな取り組みだ。Safety Buttonは、5-Star Promiseの条件を満たすために使用できる」。こう語るのは、Ruckus NetworksでIoT事業のシニアディレクター兼ゼネラルマネジャーを務めるマーク・グロジンスキー氏だ。

IoTで実現する「スマートホテル」の具体像

ITmedia マーケティング新着記事

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...

news002.jpg

好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と...