IoTとAIは医療の現場でどのように役立つのか医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【前編】

IoTや人工知能(AI)技術といった、比較的新しい技術を活用した医療機器が開発されている。医療分野での最新技術の応用例とその課題について、専門家の話を基に説明する。

2019年04月08日 05時00分 公開
[上田 奈々絵TechTargetジャパン]
photo

 さまざまなモノをインターネットにつなげるIoT(モノのインターネット)や、人の知的活動の一部を機械的に再現する人工知能(AI)技術といった比較的新しい技術を、医療機器に活用する動きが進んでいる。新たな技術は医療機器にどう応用されているのか。医療現場での最新技術の普及における課題は。日本クラウドセキュリティアライアンス代表理事の笹原英司氏と、公益財団法人である医療機器センターの付属機関、医療機器産業研究所で調査研究室長を務める鈴木孝司氏の話を基に説明する。内容は、2019年3月19日に開催された医療機器関連イベント「Medtec Japan 2019」のセミナー、「IoT・AIと今後の医療機器」から抜粋した。

フォグコンピューティングを利用した医療IoT

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。