2019年01月25日 05時00分 公開
特集/連載

「IoTはこれ以上複雑にはならない」IoTの医療活用「コネクテッドケアテストベッド」は成功するのか?

医療業界で進むIoTの活用。その目的は医療支援だけでなく、収益につながる共通のプラットフォーム構築だ。

[Valerie Silverthorne,TechTarget]

関連キーワード

IoT | 医療 | プラットフォーム


画像 IoTの活用は進むか

 医療の現場では、複雑だが重要な2つの施策が試されている。IoT(モノのインターネット)を使って、病床にいる患者のリアルタイムモニタリングのために使用する試みと医者やスタッフ向けの臨床判断サポートを提供する試みだ。

 アメリカでは医者の「医療ミス、誤診」が死亡原因の第三位となっており、IoTやクラウド、データの活用による誤診防止が期待されている。しかし、その道のりは長く険しい。

 IoTの連携サービスを提供するRTIで医療市場開発ディレクターを務めるデイビッド・ニーウォルニー氏は「IoTの医療利用における最も大きな課題は、これらのシステムの複雑さにある」と言う。RTIはIoTの標準化を目指す団体「インダストリアルインターネットコンソーシアム」(IIC)の実証実験(コネクテッドケアテストベッド)に参加している。

 「確かにIoTは複雑だが、複数ベンダーの製品同士がリアルタイムで通信し、安全を確保している。これ以上、複雑にはならないだろう」(ニーウォルニー氏)

IoT情報を「見やすい形」に集約、分析する

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...