2018年12月16日 05時00分 公開
特集/連載

4つのテーマを分析「2018年初頭のIoTトレンド予想」は的中した? “答え合わせ”と2019年予想

「IoTは激動を迎えるだろう」と考えた2018年初頭の予想はどれだけ的中したか。「セキュリティ」「産業IoT」「通信事業者との連携」「ウェアラブルデバイス」という4つのテーマで、答え合わせと2019年以降を予想する

[Mitch Maiman,TechTarget]

関連キーワード

IoT(Internet of Things)


 筆者は、2018年の初めに「IoT(モノのインターネット)は激動を迎えるだろう」と予測していた。その予想がどれくらい的中したのか答え合わせをしてみよう。蓋を開けてみれば、それほど急速な変化はなく、持続的なトレンドとなった。IoTが市場の重要な要素であることに変わりはなく、IoTの名の下に新しい製品やサービスが次々と登場している。とはいえ、まだ総攻撃は始まらず、出陣太鼓が鳴り続けているといった状況だ。

 では1年前のトレンド予想を振り返り、現状と比べてみよう。

セキュリティ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

10連休は売り上げにどう影響した? カタリナマーケティングジャパンがゴールデンウイークの店舗購買動向を調査
初の10連休となった2019年のゴールデンウイークにおける購買行動傾向を実購買データから...

news013.jpg

デジタルマーケティングとコンタクトセンターの融合、UTグループとエス・エム・エスの担当者が語る
コンタクトセンターはデジタルマーケティングのプロセスとどう連携すべきか。UTグループ...

news047.jpg

ブレインパッドが拡張分析ツール「BrainPad VizTact」を発売
機械学習で人の気付きを拡張し、自然言語処理で分析結果を人の主観に左右されないものに。