2018年12月14日 05時00分 公開
特集/連載

「仮想デスクトップはクラウドで」が常識に? 2018年のクライアント環境動向AI技術の活用も進展

クライアント環境は2018年にどのように進化したのだろうか。人工知能(AI)技術の飛躍的進歩やホスト型デスクトップの進化、新しい管理方式の登場などを振り返る。

[Alyssa ProvazzaTechTarget]
画像

 企業のIT部門の状況は、2018年の間に大きく変わった。クライアント環境はさまざまな方面で進歩し、クラウドサービスの種類が増え、機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術の活用が進んだ。改良された製品もあれば姿を消した製品もあり、これまで気付いていなかった課題を解決する新製品も登場した。

 振り返ってみると、2018年はAI技術が躍進した1年だった。以前からあった技術だが、この1年はベンダーとユーザー企業からの注目がこれまでにないほど集まり、IT戦略にどう活用できるかという関心が高まった。

 クライアント環境の分野では、IT担当者がエンドユーザー管理の問題特定やトラブルシューティングなどに、AI技術を活用できるようになった。エンドユーザーはAI技術を実装したビジネスアプリケーションを使い、日常業務で取り扱うデータの処理や分類、分析作業を改善できるようになってきている。

 「的確なタイミングで必要な情報を入手できることは、従業員の意思決定の質を向上させ、会社全体のパフォーマンス向上につながる」。調査会社Lopez Researchのプリンシパルで創業者のマリベル・ロペス氏は、こう述べる。

 専門家は、AI技術の将来性とITの仕事に悪影響を及ぼす可能性について議論している。AI技術の活用は、今後さらに発展するだろう。

デスクトップはクラウドへ

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...