2019年02月12日 09時00分 公開
特集/連載

2019年のITヘルスケア予測 バーチャルケア、AI、FHIRなどが話題にForrester Researchがレポート

Forrester Researchの予測によれば、2019年の医療IT業界における主要トレンドはバーチャルケア、AI、FHIRだという。

[Makenzie Holland,TechTarget]

関連キーワード

API | ビッグデータ | 電子カルテ | 医療IT


画像

 「バーチャルケア」とは、現実世界に存在する従来型の医療機関以外で患者に施される処置を指す。患者が自分に合った便利なデジタル体験を求めるようになるにつれ、バーチャルケアが外来診療を圧倒し始めている。

 これは調査会社Forrester Researchによる2019年のヘルスケア予測レポートの主張だ。同レポートによれば、米国成人の74%がリモートヘルスサポートサービスをオンラインで利用したことがある、または利用することに関心があるという。2019年は、この数値が上昇の一途をたどると同社は予測する。

 2019年の注目はバーチャルケアだけではない。医療機関は、高度な分析とAI(人工知能)、医療情報共有のための標準仕様FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)、カスタマーエクスペリエンスへの投資を優先することになるとForrester Researchは予測する。

バーチャルケアが格差をなくす

 2019年の医療分野に最も大きな影響をもたらすと考えられるのはバーチャルケアだと予測するのは、このレポートの共同執筆者であり、Forrester Researchでアナリストを勤めるアリエル・トルチンスキ氏だ。

 「バーチャルケアによって、医療機関の運営方法や臨床医の手術方法は大きく変わるだろう」(トルチンスキ氏)

 「既存の医療機関がビジネスモデルを変え、より効率が高く、費用対効果の高い方法で医療を提供するようになる。それに伴い、デジタル技術を駆使して患者との方法に投資する医療機関がますます増えるだろう」とトルチンスキ氏は話す。

 マサチューセッツ総合病院の心臓センターで心臓学部の副部長を務めるジャグミート・シン医学士も、2019年はバーチャルケアが大きなトレンドになるという予測に同意する。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。