2018年08月23日 05時00分 公開
特集/連載

会話型AIで変わる医療現場のコミュニケーション、その進化とは進むカスタマーサポートのAI利用

医療機関では、検査結果や予約のリマインダー、処方された薬やその服用方法などの情報に24時間365日体制で自動応答するAIメッセージングサービスの提供が進んでいる。

[Reda Chouffani,TechTargetジャパン]
photo

 医療システムを利用する患者は、自分の医療記録の閲覧や、治療担当チームとのコミュニケーションに当たって、デジタル的な手段を活用できることがある。医療機関が患者のエンゲージメントを向上させ、治療に能動的に参加してもらうための試みとして、デジタル活用は進められている。病院や診療所は、患者が医療従事者とコミュニケーションを取る際に、WebポータルやSMS、モバイルアプリ、キオスク端末などのデジタルツールを活用するよう訴えてきた。それらの方法の多くは期待できる結果を示しているが、依然としてテキストメッセージは患者がコミュニケーション手段として最もよく使う手段の一つだ。そのような状況で、次世代のAIメッセージング技術は患者や医療にどのような影響を及ぼすのだろうか?

AIで変わる医療現場のコミュニケーション

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...