2018年08月23日 05時00分 公開
特集/連載

進むカスタマーサポートのAI利用会話型AIで変わる医療現場のコミュニケーション、その進化とは

医療機関では、検査結果や予約のリマインダー、処方された薬やその服用方法などの情報に24時間365日体制で自動応答するAIメッセージングサービスの提供が進んでいる。

[Reda Chouffani,TechTargetジャパン]
photo

 医療システムを利用する患者は、自分の医療記録の閲覧や、治療担当チームとのコミュニケーションに当たって、デジタル的な手段を活用できることがある。医療機関が患者のエンゲージメントを向上させ、治療に能動的に参加してもらうための試みとして、デジタル活用は進められている。病院や診療所は、患者が医療従事者とコミュニケーションを取る際に、WebポータルやSMS、モバイルアプリ、キオスク端末などのデジタルツールを活用するよう訴えてきた。それらの方法の多くは期待できる結果を示しているが、依然としてテキストメッセージは患者がコミュニケーション手段として最もよく使う手段の一つだ。そのような状況で、次世代のAIメッセージング技術は患者や医療にどのような影響を及ぼすのだろうか?

AIで変わる医療現場のコミュニケーション

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...