2018年11月22日 05時00分 公開
特集/連載

医療現場の人工知能(AI)活用は、診断支援、遠隔医療、病院経営に「効果あり」医療機関のあらゆる業務を円滑にする

人工知能(AI)関連システムを導入する医療機関が増えている。患者のケアと業務管理の双方に潜在的なメリットがあることを多くの医療従事者が認めつつあるからだ。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習 | プライバシー


 人工知能(AI)と機械学習が医療業界の多くの分野に変化をもたらしている。その範囲は、患者応対やサービス、全般的なケア、診断、治療まで多岐にわたる。

 医療機関が生み出す膨大な量のデータとパターンを特定し、医師や医療従事者、職員の能力を向上させる、といったように、医療分野でAIアプリケーションを活用するビジネスチャンスは多い。

医師の手となり目となるインテリジェントロボット

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...