2018年11月22日 05時00分 公開
特集/連載

医療現場の人工知能(AI)活用は、診断支援、遠隔医療、病院経営に「効果あり」医療機関のあらゆる業務を円滑にする

人工知能(AI)関連システムを導入する医療機関が増えている。患者のケアと業務管理の双方に潜在的なメリットがあることを多くの医療従事者が認めつつあるからだ。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習 | プライバシー


 人工知能(AI)と機械学習が医療業界の多くの分野に変化をもたらしている。その範囲は、患者応対やサービス、全般的なケア、診断、治療まで多岐にわたる。

 医療機関が生み出す膨大な量のデータとパターンを特定し、医師や医療従事者、職員の能力を向上させる、といったように、医療分野でAIアプリケーションを活用するビジネスチャンスは多い。

医師の手となり目となるインテリジェントロボット

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。