2018年07月11日 05時00分 公開
特集/連載

ガートナーが重視する3つの戦略的要素も紹介人工知能(AI)の勝ち組企業が重視する「CoE」とは? (1/2)

企業が自社にとって合理的なAI戦略を把握する一つの方法は、AI技術に関する「センターオブエクセレンス」(CoE)を組織することだ。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | 機械学習


画像

 人工知能(AI)技術は、企業のビジネスの在り方を変える手段として、大々的に宣伝されている。現状のAI技術に大きな将来性があることは間違いないが、実績のある戦略は乏しい。

 デジタルトランスフォーメーション(DX:ITによるビジネス変革)と同様、企業向けのAI戦略を確立する取り組みは新しく、参考になる戦略がほとんどない。あったとしても、現在進行形で普及しているこの技術に、最高情報責任者(CIO)が取り組む必要があることに変わりはない。AI技術の進化に合わせて、投資と実行計画を自社向けに調整する必要がある。

 AI技術を早期導入した企業は、新しい技術資産を構築するために、AI技術に特化した専門集団(CoE:センターオブエクセレンス)を作るなどの取り組みを進めている。AI技術のCoEを設立することで、企業はAI技術のビジョンとアプローチを具体化しやすくなる。

CoEの具体的な事例

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...