福岡の在宅クリニックが「RPA」で医師の事務作業を最大75%削減NEWS

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で、病院内の事務作業が増大した。福岡県の浅川学園台在宅クリニックはRPAツールを導入し、事務作業を月に合計約15時間削減することに成功した。

2023年04月24日 10時00分 公開
[松本一郎TechTargetジャパン]

 「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)関係のツールやサービスを提供するRPAホールディングスの子会社、RPAテクノロジーズは2023年4月18日、福岡県の浅川学園台在宅クリニックがRPAツール「BizRobo!」を導入したと発表。同クリニックは、医師の事務作業を最大75%自動化した。

 病気になり通院できない場合に、自宅など患者の住む場所で治療することを在宅医療という。浅川学園台在宅クリニックは、北九州市八幡西区および近隣に住む患者80人に、月に数回の訪問診療や服薬管理を通して在宅医療を提供している。

COVID-19で事務作業が増大、院長自らIT化のメス

 浅川学園台在宅クリニックは訪問看護指示書の作成など、医師が担当しなければならない事務処理を休診日に実施していた。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が広がってからは、ワクチン接種時の問診など業務が増大し、患者の診療時間が逼迫(ひっぱく)しかけていた。

 そこで同クリニックの院長である河野 精一郎氏はRPAを活用した業務効率化を検討し、BizRobo!シリーズのエントリーモデル「BizRobo! mini」を、無償トライアル後に導入した。RPAの導入や運用は、データベース運用の経験があった河野氏が自ら取り組んだ。

 BizRobo! Miniを利用して自動化した具体的なタスクは以下の3点だ。

  1. 医師が患者に毎月交付する「在宅療養計画書」の自動作成
  2. 医師が訪問看護ステーションに毎月交付する「訪問看護指示書」の自動作成
  3. 事務職員が患者宛に毎月作成する「医療介護費月まとめ請求書」の発行

 医師が発行する在宅療養計画書と訪問看護指示書は、クラウド型電子カルテへの入力や、データベースから翌月の対象患者をリストアップするなどの工程がある。BizRobo! Miniの活用により、工程によっては最大75%の時間を削減し、合計で毎月10時間弱の時間削減効果を創出した。事務員が毎月5時間かけていた請求書発行作業は、ほぼ完全に自動化。時間・精神的な余裕の創出につながっているという。

 浅川学園台在宅クリニックは今後、提携する外部事業所と共有している情報の管理など他の業務にもRPAの活用範囲を広げる計画だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...