ハイパーオートメーションとは? AIの力で“完全自動化”を目指す「ハイパーオートメーション」超入門【前編】

業務の自動化の究極形として、人工知能(AI)技術を駆使した「ハイパーオートメーション」がある。どのようなもので、何ができるのか。ハイパーオートメーションの可能性を探る。

2022年12月22日 10時00分 公開
[John BurkeTechTarget]

関連キーワード

業務改善 | イノベーション | 機械学習


 企業の間ではビジネス改革の一環として、人間がこなす仕事を最小限に抑え、自動化技術をフル活用して広範囲で業務の“機械化”を図る「ハイパーオートメーション」を取り入れる動きがある。ハイパーオートメーションはチームの垣根を越え、ビジネス全体に自動化技術を取り入れて業務改善につなげるのが特徴だ。

ハイパーオートメーションは“あれ”を可能に

 技術面では機械学習(ML)や自然言語処理(NLP)、画像認識といった人工知能(AI)技術がハイパーオートメーションの主役になる。企業はハイパーオートメーションに取り組むことで、具体的にどのようなことが可能になるのか。

 企業がハイパーオートメーションの恩恵を受ける分野の一つとして、セキュリティがある。企業は各種AIツールを使えば、自動的に攻撃を検出して早期に対策を講じることが可能になる。自動化は従業員をログ分析やアラート発信といった作業から解放するとともに、人間のミスや勘違いによる誤検知を減らす。

 ハイパーオートメーションの実現を目的にしたセキュリティツールを採用すれば、企業は攻撃を受けた際、対処に関する一連の作業の自動化が図れる。自動化の対象は侵害の経路分析、攻撃されたソフトウェアを提供するベンダーへの連絡、攻撃についての社内通知などだ。

 物理セキュリティの強化に関してもハイパーオートメーションは有効だ。例えば画像認識ツールを用いて監視カメラで撮影した映像を分析すれば、自動的に怪しい人物を特定してアラートを出せるようになる。


 中編は、セキュリティ分野におけるハイパーオートメーションの可能性をより詳しく考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...