2015年11月13日 08時00分 公開
特集/連載

今更聞けない、電子カルテとレセコンの違い【連載コラム】医療ITの現場から

診療所のIT化の中核を担う電子カルテとレセコン。業務効率化に効果がある両者だが、システム面、運用面で大きな違いがあるのをご存じだろうか。

[大西大輔,メディキャスト]
診療所向け電子カルテの市場規模 診療所向け電子カルテの市場規模《クリックで拡大》

 紙カルテとレセプトコンピュータ(レセコン)の運用に慣れている診療所が電子カルテを導入する場合、必ず問題となるのが「レセコンから電子カルテへ移行する際のイメージが湧かない」ということです。

 今回は「システム面」「運用面」などの観点からレセコンと電子カルテの違いを説明します。

レセコンと電子カルテの「システム面」での違い

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。