2015年11月13日 08時00分 公開
特集/連載

今更聞けない、電子カルテとレセコンの違い【連載コラム】医療ITの現場から

診療所のIT化の中核を担う電子カルテとレセコン。業務効率化に効果がある両者だが、システム面、運用面で大きな違いがあるのをご存じだろうか。

[大西大輔,メディキャスト]
診療所向け電子カルテの市場規模 診療所向け電子カルテの市場規模《クリックで拡大》

 紙カルテとレセプトコンピュータ(レセコン)の運用に慣れている診療所が電子カルテを導入する場合、必ず問題となるのが「レセコンから電子カルテへ移行する際のイメージが湧かない」ということです。

 今回は「システム面」「運用面」などの観点からレセコンと電子カルテの違いを説明します。

レセコンと電子カルテの「システム面」での違い

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...