2019年02月24日 05時00分 公開
特集/連載

次はクラウドゲーミングゲーム業界成功の裏でIoTが果たした役割 「Fortnite」が世界的にヒットしたのはなぜか

モノのインターネット(IoT)の仕組みを活用したことでゲーム業界に新たなトレンドが生まれ、業界が活性化した。IoTのどのような要素がゲーム業界を変化させたのだろうか。

[Michael Yum,TechTarget]

関連キーワード

IoT(Internet of Things)


画像

 モノのインターネット(IoT)の登場によってゲーム業界の景色が一変した。オンラインゲームからソーシャルチャンネルやeスポーツの新潮流が生まれ、それらはデジタルコンテンツの流通ネットワークに乗って急速にゲーマーの間に広がった。ゲームの開発者やパブリッシャー、ゲーマーは、全世界を舞台にしたデジタルの世界を体験している。そして今後もIoTの影響による変化を経験するだろう。

 IoTがゲーム業界に与える影響について、ゲーム関連企業「Playgroundz」の開発責任者、マイケル・ヤム氏に話を聞いた。

――IoTはゲーム業界にどのように取り入れられたのでしょうか。ゲーム業界にとってIoTの何が魅力になっているのでしょうか。

マイケル・ヤム氏(以下、ヤム氏) オンラインゲームが登場したことで、世界中のプレイヤーがゲーム機とゲームソフトを通じてつながった。そしてバトルロイヤルゲームのような新ジャンル、eスポーツのような新市場、「Twitch」のような新プラットフォームが生まれた。IoTを組み合わせることで、それまでのゲーム業界の常識では想像できなかった方法でゲーム会社は収益を上げられるようになった。デジタルコンテンツを流布、拡散させるデジタルディストリビューションの仕組みも貢献し、市場の成長が加速した。こうしてゲーム市場に新たな収益の源が次々に生じた。

 ゲーム会社はゲーム機を中心としていた従来の事業に比べて、オンラインゲームでは商品の原価を抑制できるようになり、ゲーム市場における事業リスクが低減した。これはゲーム業界にとって極めて魅力的なことだ。さらにクラウドによるゲームストリーミングの仕組みが登場したことで、開発者やパブリッシャーは特定のデバイスを持たなくても、プレイヤー同士を結び付けることが可能になった。

――ゲーム業界におけるIoTの仕組みの活用例を具体的に教えてください。

ITmedia マーケティング新着記事

news006.gif

Amazon Alexa対応新型「Fire TV Cube」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...