2019年12月25日 05時00分 公開
特集/連載

IoTでホテルの概念が変わる【前編】米ホテルは「スマートロック」導入でチェックインをどう効率化したのか

米ミシガン州のホテルは、IoTを取り入れて宿泊客の滞在の仕方を変えた。どのような技術を使い、ホテル内の環境をどう改善したのか。

[Sharon Shea,TechTarget]
画像 ミシガン州ロチェスターのRoyal Park Hotel

 1日の長旅を終えて宿泊先のホテルに着いたとき、チェックインカウンターに並びたいと思う人はいないだろう。ホテルなどのホスピタリティ産業でIoT(モノのインターネット)を活用すれば、宿泊客がホテルに到着した後、チェックインカウンターには並ばず、すぐに予約した部屋に入室するシナリオを実現できる。

 デトロイト郊外のロチェスターにあるRoyal Park Hotelは、こうしたシナリオを実現した。Royal Park Hotelの建物は歴史ある英国の邸宅を連想させる外観をしている。その外観とは対照的に、同ホテルはIoTによるスマートホテル技術を取り入れ、宿泊客に常時インターネット接続のサービスを提供している。

 Royal Park Hotelの宿泊客は、ホテルに到着してから直接客室に向かい、部屋ですぐにリラックスできる。スマートフォンやタブレットを使用してニュースを読んだり、動画配信サービス「Netflix」で動画を視聴したり、メールを確認したりしながらチェックインできるのだ。

 「宿泊客のホテル滞在時の体験を向上させるためにスマートホテル技術の導入に踏み切った」。Royal Park HotelでIT関連業務のディレクターを務めるスコット・ローデス氏はこう語る。

 Royal Park Hotelは2004年に開業し、143室の客室を備える。同ホテルは2009年にネットワークベンダーRuckus Networks(旧Ruckus Wireless、ARRIS Internationalが2017年に買収)の協力を得て、宿泊客用の無線LANアクセスポイント(以下、アクセスポイント)を30カ所に設置した。それから10年が経過した2019年、宿泊客によるスマートフォンをはじめとしたモバイルデバイスの利用は、当時と比べて大幅に増加した。ローデス氏は「ホテルの無線LAN環境のアップグレードが急務だと考えていた」と語る。

生まれ変わったRoyal Park Hotelの無線環境

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...