2019年07月08日 05時00分 公開
特集/連載

「IoTプラットフォーム」の3つの導入モデルとは? 何を「指針」とすべきなのか「IoTプラットフォーム」導入の基本【前編】

IoTでモノが生み出す大量のデータを収集・分析するには、デバイスへの接続やデータ格納など、必要な機能一式を取りそろえた「IoTプラットフォーム」が必要になる。その基本機能や導入形態を紹介する。

[田口貴一,著]
画像

 ITによって生産プロセスを革新する「インダストリー4.0」の構想が誕生して以来、企業の間ではモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)のテクノロジーを活用し、新規ビジネスの展開や既存ビジネスの効率化を進める取り組みが広がっている。こうした新しいテクノロジーを活用してイノベーションを起こすには、

  • アイデアを素早く形にして検証する
  • 獲得したノウハウを蓄積し共有する

ことが重要となる。このためには、部門横断で利用できる「IoTプラットフォーム」を導入し、活用することが有効だ。IoTプラットフォームの定義はさまざまだが、ここではセンサーから取得したデータを蓄積し、活用するための機能群をまとめた製品を指す。

 現在、さまざまなIoTプラットフォームが登場している。本稿では、製品選定の際、前提として知っておくべきIoTプラットフォームの基本的な機能や導入モデルについて紹介する。

IoTプラットフォームを構成する機能領域

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...