2018年11月20日 05時00分 公開
特集/連載

15分で工場をIoT化? 手軽な「スマートファクトリー」化サービスが充実“昭和の工場”もIoT化

設備を買い替えるコストの高さや分析ツールの使いにくさが、工場IoT化の障壁となることがある。こうした課題を解消し、スマートファクトリー化へのハードルを下げる製品が充実してきた。具体例を基に動向を探る。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 企業が工場のIoT(モノのインターネット)化を進めるとき、インターネットに接続する通信回線の開設工事や、機器の買い替えが必要になることがある。こうした中、大規模な工事を必要とせず、既存設備を生かして、短期間で工場をIoT化する製品が充実しつつある。IoT化を通じて工場内のデータの取得や分析をしやすくすることで、業務の最適化につなげる「スマートファクトリー」の実現を容易にする。

 迅速なIoT化を支援する製品には、どのような傾向があるのか。2018年10月24日〜26日に幕張メッセで開催された展示会「第4回IoT/M2M展【秋】」の展示内容を基に紹介する。

通信回線を新設せずにIoT化

photo 写真1 BL-02(赤枠)はポケットに入るサイズだ

 LTEなどのモバイル回線を用いることで、インターネットに接続する通信回線がない工場でもIoT化を実現できるようにする動きがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...