2018年11月20日 05時00分 公開
特集/連載

“昭和の工場”もIoT化15分で工場をIoT化? 手軽な「スマートファクトリー」化サービスが充実

設備を買い替えるコストの高さや分析ツールの使いにくさが、工場IoT化の障壁となることがある。こうした課題を解消し、スマートファクトリー化へのハードルを下げる製品が充実してきた。具体例を基に動向を探る。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 企業が工場のIoT(モノのインターネット)化を進めるとき、インターネットに接続する通信回線の開設工事や、機器の買い替えが必要になることがある。こうした中、大規模な工事を必要とせず、既存設備を生かして、短期間で工場をIoT化する製品が充実しつつある。IoT化を通じて工場内のデータの取得や分析をしやすくすることで、業務の最適化につなげる「スマートファクトリー」の実現を容易にする。

 迅速なIoT化を支援する製品には、どのような傾向があるのか。2018年10月24日〜26日に幕張メッセで開催された展示会「第4回IoT/M2M展【秋】」の展示内容を基に紹介する。

通信回線を新設せずにIoT化

photo 写真1 BL-02(赤枠)はポケットに入るサイズだ

 LTEなどのモバイル回線を用いることで、インターネットに接続する通信回線がない工場でもIoT化を実現できるようにする動きがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...