各業界が取り組むサステナビリティ【第3回】
CO2出しまくり“石油化学業界”に使ってほしいソフトウェアとは?
石油化学工業が排出する温室効果ガスは、世界の排出量の約10分の1を占めるという。そのような中、温室効果ガス削減に取り組む企業が活用するのがソフトウェアだ。どのような機能なのか。(2022/8/17)

初期投資を抑え、自由に使いたい
AI/機械学習へのGPU活用、費用の問題をどうすればよいのか
ディープラーニングや機械学習にはGPUの利用が適している。だが高性能なGPU搭載サーバをオンプレミスで導入すると初期投資額がネックになる。パブリッククラウドのサービスは料金体系に不安が残る。どうすればよいのだろうか。(2022/8/5)

リチウムイオンバッテリー式UPSの実力は?
山一ハガネの「オンプレミス回帰」戦略を支える“軽量・長寿命”UPSとは?
特殊鋼を中心に扱う山一ハガネは、自社システムの「オンプレミス回帰」を選択した。オンプレミスシステムに不可欠な「命綱」である電源保護にはUPSが必須だ。リチウムイオンバッテリー搭載型UPSの使い勝手について担当者に聞いた。(2022/8/5)

クラウド設定ミスや大量アラートに悩まない
平均修復時間を40分から1分未満に、セキュリティ対策を変えるSIEM/SOARの実力
ランサムウェアやサプライチェーン攻撃の高度化が止まらない昨今、迅速に兆候を検知し、不正な挙動の根本原因や他への影響まで調査するのは至難の業だ。そこで注目される、SIEMやSOARのメリットとは?(2022/7/19)

ITによる店舗革命【後編】
オンラインショップのような店舗体験の実現
店舗はリアルとデジタルを融合させた新しい顧客体験を提供しなければならない。店舗革命の実例を紹介する。(2022/6/29)

潜在する脅威へのアプローチ手法
検知をすり抜ける脅威を仕留める――「能動的な」セキュリティ対策とは
従来のようなセキュリティ製品のアラートを受けて対処する「受け身」の対策では、怪しい挙動を検知しきれない。それには、脅威インテリジェンスを基に脅威を積極的に検知するという発想の転換が必要だ。潜在する脅威へのアプローチとは。(2022/6/21)

セキュリティ投資に「キリがない」のはなぜ
企業の利益を守るための「最低限のセキュリティ施策」を見積もる方法
最新のセキュリティ製品を導入してもサイバー攻撃の高度化が続き、「いたちごっこ」の状況が続いている。経営者はどういった考え方に基づいてセキュリティ施策を最適化していくべきか。(2022/6/28)

Samsungの「One UI 4.1」とは【後編】
「Galaxy A」が「iPhone SE」よりも魅力的に? Galaxyの「One UI 4.1」とは
SamsungはGalaxyスマートフォンとタブレットで使えるUI「One UI 4.1」を提供している。「Galaxy A」といった低価格帯の機種でも利用可能になったOne UI 4.1には、どのような機能があるのか。詳しく説明する。(2022/5/23)

ITを防衛に生かす英国【後編】
英国防省が「データ」を重視する“真の目的”とは?
英国は電子戦の戦力増強を進める一方で、意志決定へのデータ活用を積極的に進めようとしている。その狙いは何なのか。(2022/5/20)

混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【後編】
“脱オフショア”がコロナ禍で進む? サプライチェーンリスクを減らす「次の一手」は
社会情勢が不安定な状況でサプライチェーンにダメージを受けた企業が、調達品の供給源や製造拠点の移動を検討するのは自然な流れだ。こうした動向は今後加速するのか。IDCに聞いた。(2022/5/12)

多様な業界の多様なニーズに応える
DX推進の壁“高速・大量のデータ処理”を乗り越える「プライベート5G」
工場や産業プラントは、施設の老朽化や人員不足といったさまざまな課題に直面している。そうした状況を打開するためのDXを支えるのが、多様な機器を高速に結ぶ「プライベート5G」だ。どのようなメリットをもたらすのか。(2022/5/2)

ITを防衛に生かす英国【前編】
「電子戦」強化に乗り出す英海軍 予算170億円で何が実現する?
英海軍は約1億ポンドを投じて、電子戦における戦力を増強しようとしている。具体的な強化施策の内容はどのようなものなのか。(2022/4/22)

「5G」が支える大学の研究【後編】
ドローンの大敵「風」を5G×AIで制御 工科大学が進める自律飛行研究の中身
さまざまな産業で活用が進んでいるドローン。最大の課題である「天気の変化への弱さ」を5Gの活用で解決しようとしているのがカリフォルニア工科大学だ。何をしているのか。(2022/4/20)

ベテラン技術者の勘やコツを可視化
技術伝承、紙マニュアル、OJT……現場教育の課題を動画で解決する現実的方法
製造業の現場教育における「技術伝承」の課題が深刻になっている。対面OJTや紙マニュアルの作成・更新といった従来手法が限界を迎える中、教育工数の削減/業務の標準化/生産性向上/多能工化に寄与する“動画マニュアル活用法”とは?(2022/4/15)

「5G」が支える大学の研究【前編】
「5Gで製造業改革」を目指すペンシルバニア州立大学の挑戦とは?
米国の大学は「5G」を研究に生かし始めている。自動化による製造業の改革に挑むペンシルバニア州立大学の取り組みを追った。(2022/4/13)

必要なのは「選択の自由度」
回線選択、セキュリティなどの自由度が高いグローバルWANを迅速に構築せよ
海外に事業展開している企業にとって「素早くグローバルWANを構築すること」はビジネスの成長において欠かせない要素だ。だが、現地のネットワークサービスを調達するのに半年以上かかるなど難易度は高い。簡単に実現する方法はないのか。(2022/4/12)

CAE解析にはサーバ? ワークステーション?
CAE解析用途のサーバ利用実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名にAmazonギフト券(10万円分)をプレゼント。(2022/4/1)

AIに最適なGPUサーバに求められる要件とは?
AI用途でのサーバ利用実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名にAmazonギフト券(10万円分)をプレゼント。(2022/4/1)

高速化に向けて実験を重ねるSamsung Electronics
「5G」高速化がかなえる驚きの用途 “軍人AR訓練”から地下鉄高速ネットまで
Samsung Electronicsは「5G」のデータ伝送速度に向けて実験を重ねている。5Gによる超高速通信が可能になることで、どのような用途が現実味を帯びるのか。(2022/3/31)

「猶予期間」は落とし穴?
マンガで解説:改正電帳法×インボイス制度 今すぐ着手すべき理由
電子帳簿保存法における電子取引データ保存の義務化は、宥恕措置が取られた。他方で2023年10月にインボイス制度もスタートする。企業は期限までに双方への対処を迫られている。いよいよデジタル化を推進する時が来た。どう取り組むべきか。(2022/3/31)

2カ月でエッジサーバのインフラ導入
三井化学がエッジサーバのインフラにHCIを導入した理由とは
複数拠点から集まるデータを処理する企業でDXを進める場合、データセンター一元化はデータ転送量やBCPの観点から望ましくない場合がある。エッジコンピューティングを検討すべきだろう。三井化学が導入したITインフラの事例を紹介する。(2022/3/17)

工場ネットワーク
加速する工場リモート化や多拠点管理、課題はネットワークとセキュリティの問題
コロナ禍で工場のリモート化や多拠点管理のニーズが顕在化している。その実現には外部とセキュアにつながる環境づくりが必須だ。日本ヒューレット・パッカードの安藤博昭氏と天野重敏氏、MONOist編集長の三島一孝が鼎談(ていだん)した。(2022/3/1)

現場作業の見える化と分析――東芝テック事例
伝統的なIE手法と工場DXを融合、製造/倉庫での現場作業改善PDCAを実現
工場の生産性向上は製造業にとって永遠の課題。だが客観的なデータを収集できなければ改善のPDCAは回せない。IE手法に工場DXを組み合わせることで画期的な現場改善を実践している東芝テックの「現場作業の見える化と分析」の施策とは?(2022/2/25)

CAE解析にはサーバ? ワークステーション?
CAE解析用途のサーバ利用実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名にAmazonギフト券(10万円分)をプレゼント。(2022/2/14)

AIに最適なGPUサーバに求められる要件とは?
AI用途でのサーバ利用実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名にAmazonギフト券(10万円分)をプレゼント。(2022/2/14)

「5G」でスマート工場は進化【第4回】
自動車大手フォルクスワーゲンのスマート工場で今、何が起きているのか
製造業は「5G」のネットワークを活用して製造工程の最適化に力を入れている。この動きは今後、他業種にも拡大する可能性がある。VolkswagenとJohn Deereの事例を踏まえ、最新の動向を追う。(2022/2/3)

CAE解析にはサーバ? ワークステーション?
CAE解析用途のサーバ利用実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/2/1)

「CO2削減」の具体的な成果につなげる
データセンター脱炭素のこつは? “最も持続可能な企業”のノウハウ
膨大な電力を必要とするデータセンターなどの事業において脱炭素を進めるにはどうすればいいのか。Schneider Electricの知見を基に、CO2削減のポイントをまとめる。(2022/2/15)

コロナ禍の雇用不安を乗り越えるには
“コロナ離職”を本気で防ぎたいなら「女性の“仕事への不安”」に向き合うべし
コロナ禍の影響で生じた離職リスクに歯止めをかけるために、企業はさまざまなアプローチを試している。こうした中、雇用主は女性の職場復帰を図ることが重要だとGartnerは指摘する。その理由は。(2022/1/27)

「5G」でスマート工場は進化【第3回】
フォードやメルセデス・ベンツに学ぶ「製造工程を最適化させる方法」
「5G」を活用したスマート工場の進化にいち早く取り組んでいるのは、欧米の自動車メーカーだ。Ford MotorやMercedes-Benzは具体的に何をしているのか。(2022/1/27)

ネットワークを使った3つのメリット
秘密兵器「5G×IoT」は建設業界に何をもたらすのか?
企業にとって生産性の向上はいつでも優先課題だ。建設業界は需要が高まる中、「IoT」と「5G」を使って現場業務の改善に取り組む。(2022/1/24)

「5G」でスマート工場は進化【第2回】
「5G×NFV」「ネットワークスライシング」でスマート工場を進化させる方法とは
スマート工場の新たな切り札である「5G」は、ネットワーク機能の仮想化やネットワーク分割といった技術とセットになって力を発揮する。それぞれの仕組みを解説する。(2022/1/20)

製造業の現場を「防御」する3つのツボ
スマート工場に潜む“つながる脅威”、製造業のセキュリティに今必要なものとは
製造業DXにはクラウドなどの活用が不可欠だが、機器どうしがつながることでセキュリティ面でのリスクも高まる。「ラインを止めない」という重要課題を、安全性に配慮しながら解決するにはどうすればよいのか。現場を知るプロたちに聞いた。(2022/1/25)

「5G」でスマート工場は進化【第1回】
AIやIoTだけじゃない 注目のスマート工場の新たな「原動力」とは
製造工程に自動化を取り入れるスマート工場は進化している。その切り札になるのは「5G」の活用だ。FordやVolkswagen、Mercedes-Benzの取り組みはどれだけ進んでいるのか。(2022/1/13)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
IoTセキュリティはライフサイクル全体で、ポイントは「5つの必須機能」
PoCから実用段階へと移行する企業も増えてきたIoT。成功すれば内部プロセス、従業員、顧客への恩恵が大きいだけに、この流れは止まらない。ただ、現在のソリューションには課題も残る。あらためて、その解決策を考えたい。(2022/1/13)

AIに最適なGPUサーバに求められる要件とは?
製造業DXに向けたITインフラに関する調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2021/12/13)

CAE解析にはサーバ? ワークステーション?
「製造業DXに向けたITインフラ選定」に関する調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2021/12/13)

コロナ禍で人命を救った「HoloLens 2」【後編】
「HoloLens 2」が“うっかりミス”防止に役立つ理由と、漏れる“不満”の声
製造業をはじめ、さまざまな企業がMicrosoftの「HoloLens 2」を活用して業務効率の向上を図っている。一方でHoloLens 2の企業利用には幾つかの課題がある。それは何なのか。(2021/12/10)

ルノーもファーストユーザー
Googleのデジタルツイン技術はサプライチェーンの課題を解決できるのか
Googleはサプライチェーンをデジタルツイン化する技術で製造業や小売業の課題を解決しようとしている。サプライチェーンには今どのような課題があり、それがどう改善するのだろうか。(2021/11/17)

スマートファクトリーに効く“1枚の布”
製造現場が求める“高い冗長性”のネットワークをシンプル低コストに
スマートファクトリー化に伴い複雑になる製造現場のネットワークをいかに強固に構築するか。製造業に欠かせない“24時間止まらず安全な”冗長性の高いネットワークをシンプルかつ低コストで実現するための新たな仕組みを紹介しよう。(2021/11/10)

特選プレミアムコンテンツガイド
「COBOL」がいまだに動き続ける“切実な理由”
昔のCOBOLプログラムが古いインフラで今でも動いている――。こうした企業は決して珍しくない。その背景には何があるのか。さまざまな理由で古いCOBOLプログラムを使い続ける必要がある企業は、何をすればよいのか。(2021/10/15)

OT特有の事情に配慮したセキュリティ対策を
ITとOTをセキュアに連携、スマート工場の真価を引き出すネットワーク構築術とは
製造業の間で、生産性向上やデータ活用の促進を目的にスマート工場化が加速している。一方、IT(情報技術)とOT(制御技術)をいかにセキュアに連携させるかという点は課題となる。現場の事情を考慮した、ネットワーク構築の最適解とは?(2021/10/8)

グローバル医療サービス会社のDX【後編】
「クラウドネイティブ」の“本当のメリット”とは? DX推進の医療会社に聞く
グローバル医療サービス会社のBupaは、ITインフラのクラウドサービス移行を進め、オンプレミスデータセンターからの脱却を図っている。その理由とは(2021/10/5)

二酸化炭素排出量の削減に「AWS」を生かす【後編】
ビル資産価値を約4億円アップ 省エネ企業は「AWS」「データ」をどう生かしたか
Carbon Lighthouseは建物にセンサーを取り付けて空調や電源の利用状況を分析し、それらの使い方を最適化することで光熱費削減につなげている。どのような仕組みなのか。同社の取り組みを説明する。(2021/9/29)

二酸化炭素排出量の削減に「AWS」を生かす【中編】
省エネ企業が「AWS」で構築した光熱費削減システム 気になるその中身とは?
環境保護に関する事業を手掛けるCarbon Lighthouseは、AWSを使って自社で構築したデータ分析システムを、顧客企業のエネルギー消費量の削減に役立てている。同社はどのようにAWSを活用しているのか。(2021/9/23)

トレンドキーワードピックアップ
不死身の言語「COBOL」とは? “Visual COBOL待望論”や“Goで脱COBOL”の動きも
企業ITを取り巻くホットなキーワードの関連記事を紹介する「トレンドキーワードピックアップ」。今回はプログラミング言語「COBOL」に関する記事を取り上げます。(2021/9/17)

二酸化炭素排出量の削減に「AWS」を生かす【前編】
約300億円の光熱費を削減 AWS活用企業の「データ駆動型省エネ策」とは?
Carbon Lighthouseは、二酸化炭素排出量を削減しながら光熱費を節約できるよう、商業用不動産の所有者を支援する。同社の事業の鍵となっているのが、不動産から得られるセンサーデータのリアルタイム分析だ。(2021/9/17)

「データの変化」に注目
DXの難所「業務自動化」はどうすればうまくいくのか
バッチやRPAなどの技術を使って既存の定型業務を自動化しようとしても、うまく「はまらない」場合がある。その理由は何か。自動処理を実行させるトリガーを設定する際、何に注目するのがいいのだろうか。(2021/9/10)

データ活用で生まれ変わるイプスウィッチ港
輸出港がAI×IoTで「スマート港」へ“船出” クレーン停止時に狙い撃ち保守
英国最大級の穀物輸出港、イプスウィッチ港はBT GroupのIoT技術を駆使し、データ分析に基づいた港湾運営に乗り出す。大手ITベンダーと手を組んでどう生まれ変わるのか。「進化」に精を出す同港の取り組みを追った。(2021/9/8)

Gartner、IDCに聞く「半導体不足がPC市場に与える影響」【後編】
「Windows」PCが「Mac」並みの“高級品”ばかりになり得る切実な事情
部品価格の高騰を完成品価格に反映させない――。製造業のこうした企業努力には限界がある。PCベンダーも同様だ。半導体品薄に直面するPCベンダーが、製品価格の値上げという苦渋の選択をせざるを得ない理由とは。(2021/9/5)