IoTを狙う攻撃に要注意
量子コンピューティングは敵か味方か? 「IoTデバイス」を狙う脅威の実態
さまざまな組織で利用が広がっているIoTデバイスを攻撃から守るために、IoTデバイスがどのような脅威にさらされているかを知ることが重要だ。量子コンピューティングによる影響とは。(2024/6/25)

リモートアクセスの老舗「TeamViewer」の戦略【後編】
TeamViewerは遠隔で取得する「ユーザー組織のデータ」をどう扱っているのか
リモートデスクトップツールを手掛けるTeamViewerは、ユーザー組織の多様なデバイスから取得したデータを業務プロセス改善に生かす支援を実施している。取得したデータをどのように取り扱っているのか。(2024/6/20)

リモートアクセスの老舗「TeamViewer」の戦略【中編】
遠隔操作ツール「TeamViewer」のベンダーが“AR”に着目した理由
リモートアクセス技術ベンダーTeamViewerは、AR機能を開発するなどリモートアクセス以外の領域に事業を広げてきた。その背景を同社CEOと最高製品技術責任者に聞いた。(2024/6/13)

リモートアクセスの老舗「TeamViewer」の戦略【前編】
「TeamViewer」はいかにして“PC以外の遠隔操作”も可能になったのか
リモートデスクトップツールベンダーTeamViewerは、同社のリモートアクセス技術をPC以外の機器においても活用できるようにしている。その取り組みの背景を同社CEOに聞いた。(2024/6/6)

株式会社TOKAIコミュニケーションズ提供Webキャスト
「CADのクラウド化」は開発・設計領域におけるデジタル化を加速できるのか
製造業などの設計領域においてもCADやPDMなどによるデジタル化は進んでいるが、他の領域と比べるとその進みは捗々しくない。こうした状況を打開するものとして注目されているのが、クラウドを基盤としてCAD環境を構築するアプローチだ。(2024/5/13)

CIOの採用市場【後編】
IT系の転職で「年収が上がる」のはこんなリーダーだ
CIOをはじめとする上級技術職の収入は、IT市場の不調が続く中でも増加傾向にある。収入アップを実現した人にはどのような共通点があるのか。(2024/5/8)

企業が求める“理想の人材”【前編】
ホワイトカラーでもブルーカラーでもなく「ニューカラー」が期待される理由
ホワイトカラーでもなくブルーカラーでもなく、「ニューカラー」と呼ばれる人材が“人材不足の救世主”として注目を集めている。ニューカラー人材はどのような特徴を持っていて、なぜ期待されているのか。(2024/5/4)

CIOの採用市場【前編】
CIOの「平均年収」は上位層で“4000万円”級 業種別、規模別のまとめ
厳しい経済情勢の中でも、最高情報責任者(CIO)の給与は伸びる傾向にあるようだ。ただし、その程度は企業によって差がある。特に昇給を見込める企業の特徴とは。(2024/5/1)

気になるメタバースの今後【後編】
「メタバース」がオワコンにならない“これだけの理由”
ピークを過ぎた印象があるメタバース市場だが、専門家によると今後の見通しは明るい。メタバース市場の成長を支える3つの最新動向を紹介する。(2024/4/30)

AI技術がBPMにもたらす変化【後編】
業務プロセス改善に“とりあえずAI技術”は危険 そのリスクと課題とは
ビジネスプロセスマネジメント(BPM)と人工知能(AI)技術の組み合わせによって得られる価値は幾つもある。しかし運用に際しては注意が必要だ。リスクを正しく理解し、メリットを最大化するヒントを探る。(2024/4/10)

一筋縄ではいかない「SAPの方針転換」【後編】
SAPの「クラウド移行」なぜ進まない? 専門家が指摘する“あのERP問題”
SAPがAI事業に注力するため、大規模な人員体制の再編を進めている。これに対してアナリストは「SAPの優先事項は、ユーザー企業に対してERPのクラウド移行を促すことだ」と指摘する。移行を妨げている要因は何か。(2024/3/28)

ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【中編】
Confluenceだけじゃない「情報共有」も「ナレッジ生成」もできるツール3選
従業員が積み重ねてきた知見や情報を全社で共有し、業務に活用する「ナレッジマネジメント」を実践するには、ツールを有効に活用することが欠かせない。代表的なツールを3つ紹介する。(2024/3/26)

2大開発手法を比較【後編】
「ウオーターフォール」が好きな企業、「アジャイル」に失敗する企業の特徴
従来は「ウオーターフォール」型開発が主流だったシステム開発で、「アジャイル」型開発に移行する企業の動きが目立つ。しかし、移行は一筋縄ではいかない。(2024/3/20)

富士通株式会社提供Webキャスト
製造業/小売・流通業必見:SCM変革の鍵となる「デジタルリハーサル」とは?
製造業や小売・流通業にとって、サプライチェーンマネジメント(SCM)の変革が必須の取り組みとなっている。その理由と変革を阻む課題を確認しながら、課題解決の鍵となる「デジタルリハーサル」の手法について解説する。(2024/3/13)

2大開発手法を比較【中編】
「ウオーターフォール」ではなく「スクラム」との相性が良い開発とは?
アジャイル開発の代表的なフレームワークである「スクラム」は、どのような開発チームやプロジェクトに適するのか。スクラムの具体的な流れと併せて解説する。(2024/3/13)

ITエンジニアがいない製造現場の現実
「言うは易し」の製造業データ活用 現場にどう落とし込む
スマートファクトリー化や、OTとITの連携・融合を進めるにはさまざまな課題がある。そもそも、工場にITエンジニアが不足しており、IT機器やアプリケーションの面倒を誰が見るのかなどの課題がある。どうすれば解決できるのか。(2024/3/13)

2大開発手法を比較【前編】
いまさら聞けない「ウオーターフォール」と「アジャイル」の基本的な違い
代表的なシステム開発手法として、ウオーターフォール型開発とアジャイル型開発がある。それぞれどのようなルーツや特徴を持つのか、基本をおさらいしよう。(2024/3/7)

生産管理を支援するERPとAPS【後編】
「ERP」より「APS」が使えるのはどんなとき? 4つの例で解説
ERPでも生産工程を管理することは可能だが、APSが必要になる場合がある。APSが役立つのはどのような場面なのか。4つの例を紹介する。(2024/3/6)

量子コンピュータと企業のデータセンター【後編】
「量子コンピュータ」の実用化に向けて企業はどう準備すべきか
量子コンピュータは発展途上の技術だが、実用化すれば従来のコンピュータでは難しかった計算が高速でできるようになる。量子コンピュータ実用化に向けて、データセンター管理者はどのように備えておくべきか。(2024/3/5)

データ分析ニュースフラッシュ
三菱重工が「Azure OpenAI Service」を使う理由 生成AIツールをどう作った?
三菱重工の生成AIツール開発事例や、AWSが発表した製薬業界における生成AI活用動向、セキュリティ領域における生成AI動向予測など、生成AI関連の主要なニュースを紹介する。(2024/2/29)

レガシーなERPシステムからの脱却【後編】
ERPのモダナイズで製糖会社は「SAPのライセンス問題」とどう折り合いをつけたのか
製糖会社Florida CrystalsはSAPのERPシステムを最新化するに当たり、「RISE with SAP」か「Bring Your Own License」(BYOL)のどちらを選ぶかという問題に直面した。判断の決め手は何だったのか。(2024/2/28)

生産管理を支援するERPとAPS【前編】
いまさら聞けない「ERP」と「APS」とは? それぞれの役割と違い
ERPは生産管理に利用できるが、ERPだけで生産に関するあらゆる事態に対処できるとは限らない。そこで選択肢の一つになるのがAPSだ。ERPとAPSは何が違い、どう使い分けるべきなのか。(2024/2/26)

金融犯罪に立ち向かう【前編】
犯罪防止やマネロン対策に「AI分析」が使える理由 SymphonyAIに聞く
SymphonyAIで金融サービス部門のプレジデントを務めるマイク・フォスター氏は「金融機関がマネーロンダリングに対抗するには、リアルタイムの脅威探知が欠かせない」と話す。危機感の背景にある“現実”とは。(2024/2/23)

量子コンピュータと企業のデータセンター【前編】
「量子コンピュータ」は何に使える? 期待できる“6つの用途”とは
量子コンピュータは実用化に向けた開発が進んでいる。具体的には、どのような用途に役立つのか。主な用途を6つ説明する。(2024/2/20)

スターティアレイズ株式会社提供Webキャスト
製造業はRPAと相性抜群? 3社の事例から成果を挙げる活用方法を読み解く
ある調査によると、RPAの導入率が際立って高い業界は製造業だという。実際にRPAをどのように活用しているのか。3社の事例を基に、具体的な活用方法を紹介しつつ、成果を挙げる秘訣を探った。(2024/1/30)

悩みは「アイデアの根拠が薄いこと」
新規事業やサービス開発を「担当者のセンス」に任せていいの?
顧客にとって価値のあるプロダクトを効率的かつ迅速に提供することが求められる一方、割けるコストやリソースは限定的だ。顧客が何を求めているのかを明確化するのも難しい。では、「何を作るか」はどう決めればいいのか。(2024/1/24)

世界で深刻化する労働力不足【中編】
コロナ禍後に人手不足のダメージを受け続けているのは“あの業界”
コロナ禍に端を発した労働者不足の問題がまだ継続しているのはどの業界だろうか。米国において労働力の獲得が難しくなった理由を探る。(2024/1/6)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第1回】
全然壊れない「頑丈ノートPC」が存在する理由 なぜ普通は“きゃしゃ”なのか?
乱暴に扱われても壊れにくい「頑丈ノートPC」が存在する。なぜベンダーは全てのデバイスを頑丈に作らないのか。頑丈ノートPCが使われるのは、どのような用途なのか。(2023/12/31)

富士通株式会社提供Webキャスト
映像+AIで製造業の現場DXを加速、高精度な位置測位による実現方法とは?
工場の人の動線改善やモノの位置把握を目的に、位置測位システムを導入したものの、精度の低さや運用の大変さに悩むケースは多い。そこで注目したいのが、高精細な映像とAIを活用した人やモノの位置を高精度に検出するソリューションだ。(2023/12/28)

SecureworksのCEOに聞く「XDRの今」【前編】
XDRの「2大トレンド」とは? 脅威検出をよく知るSecureworksに聞く
セキュリティ業界の注目分野の一つとして、システム全体の保護を目指す「XDR」がある。XDRはセキュリティ市場において市民権を得ているのか。XDRベンダーSecureworksのCEOに聞いた。(2023/12/11)

仮想空間がもたらす変革とは【後編】
「産業用メタバース」はなぜ普及しそうにないのか?
メタバースは製造業をはじめとする産業界での活用が期待されるが、普及が順調に進んでいるとは言い難い。背景にある要因や、メタバースの普及に必要な条件とは何かを解説する。(2023/11/7)

仮想空間がもたらす変革とは【中編】
航空機メーカーも使う「デジタルツイン」など“産業メタバース“の気になる実態
産業界で期待が寄せられる産業用メタバース。その活用が急がれる理由や将来動向を、「没入型ワークスペース」や「デジタルツイン」の活用事例と併せて解説する。(2023/10/26)

仮想空間がもたらす変革とは【前編】
「産業用メタバース」とは結局、何ができる仮想空間なのか?
製造業における産業用メタバースの活用が期待される。具体的には産業メタバースで何ができ、どのようなメリットをもたらすのか。企業のビジネスや従業員に与える影響を解説する。(2023/10/20)

「Teams」や「Slack」が狙われている【第2回】
MicrosoftやSlackの怠慢だ――セキュリティ専門家が切り込む“残念な現実”
ユニファイドコミュニケーション(UC)ツールを狙った攻撃が活発化する中、セキュリティ専門家はUCツールベンダーの安全対策が不十分だと指摘する。どういうことなのか。(2023/10/15)

アジアと5Gの未来【中編】
アジア市場を“1兆ドル”に導く「モバイル通信の本命」はこれだ
GSMAの調査によれば、アジア太平洋地域8カ国のモバイル通信市場の規模は2032年に1兆ドルに迫る勢いだ。なぜこれほどまでに成長するのか。(2023/9/13)

「つながればいい」から次のフェーズへ
Wi-Fiはユーザー体験を重視へ 今インフラをどう見直すべきか
オフィスのみならず、学校や商業施設、工場などを支える重要なインフラとなったWi-Fi。ネットワーク管理者の負荷軽減とユーザー体験の向上を同時に実現する方法とは。(2023/9/25)

ラピッドセブン・ジャパン株式会社提供Webキャスト
セキュリティのプロが提言、国内企業がサイバー攻撃に立ち向かうための推奨事項
最新の調査によると、サイバー攻撃はより巧妙化し、特に国内企業とその海外子会社、関連会社を取り巻く状況は厳しさを増しているという。この現状を踏まえて、セキュリティのプロが脅威に立ち向かうための7つの推奨事項を提言する。(2023/8/9)

「専用5G」は工場で使えるか【後編】
「プライベート5Gは工場で使えるのか」を実証 “合格”したテストの中身は?
ソフトウェアベンダーのRockwell Automationら4社は、プライベート5Gを製造業でも利用できるかどうかの実証に取り組んだ。4社は何をテストし、どのような示唆を得たのか。(2023/7/27)

「専用5G」は工場で使えるか【前編】
製造業が「プライベート5G」で“変化に強くなる”明白な理由
5Gをユーザー組織が運用できる「プライベート5G」は、製造業で新たなユースケースを生み出すと期待されている。プライベート5Gが何に役立つのかを検証する共同研究が始まった。(2023/7/20)

転換期を迎えた「5G」【中編】
「プライベート5G」(ローカル5G)の約半数を占めるのは“あの業界”
世界的に5Gの導入が拡大する中、どの業界が「プライベート5G」をけん引しているのか。ネットワーク関連製品ベンダーによる調査結果を紹介する。(2023/6/20)

NEWS
サイバー攻撃の“約4割”を占める侵入経路とは? IBMがレポート公開
日本IBMがサイバーセキュリティに関する調査レポート「X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2023」を公開した。サイバー脅威について、どのような傾向が明らかになったのか。(2023/4/28)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
「AI」が切り開くインダストリー4.0で“未来の工場”はどう変わる?
AI技術やIoTなどの最新技術で工場をスマート化する「インダストリー4.0」は、現代の製造業者に欠かせない取り組みだ。その中で重要な役割を果たすAI技術は、製造業にどのようなメリットをもたらすのか。(2023/4/19)

ガイドライン準拠に必要な考え方:
相次ぐ製造業のサイバー攻撃被害 工場におけるセキュリティ対策のポイントとは
製造業でサイバー攻撃被害が相次ぐ中、経済産業省は「工場システムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドライン」を公開した。これを元に工場セキュリティをどう実践すべきか。策定に関わったセキュリティ企業に聞いた。(2023/3/22)

大企業がDXを進めるには【前編】
全社の変革には“3つの要素”が不可欠 食品メーカーMars流の「DXの進め方」
同族経営を続ける食品メーカーMarsは、DX推進に舵を切った。同社はDXを進めるに当たり、3つの要素を重視する。その具体的な中身とは。(2023/3/15)

高度化・悪質化する脅威に対抗するために
ランサムウェア対策で見落とせない「実はバックアップが無防備」問題の防ぎ方
近年のランサムウェア攻撃はますます高度化、悪質化しており、バックアップデータを攻撃してくるものもある。最新型の脅威に備えたデータ保護のベストプラクティスとは。(2023/3/28)

運用の負荷とコスト、両方の課題も一挙解決
複雑化、高コスト化する無線LANの運用管理、今こそAI/クラウドの活用を!
企業システムには不可欠の存在となった無線LAN。だが、最近は運用管理負荷やコストの増大といった課題も顕在化してきている。こうした課題を解決し、安定運用を実現するにはどうすればよいのだろうか。(2023/3/16)

業界特有の課題にマッチするERPの要件は
“製造業向け”でもなぜか使いづらいERP プロセス製造業は何を重視すべきか?
製造業向けをうたうERPパッケージを導入しても、プロセス製造業者は思った通りの効果を得られない場合がある。プロセス製造特有の複雑な単位や工程管理を加味して、ERPパッケージで生産管理をするには、何が必要なのか。(2023/3/1)

通信網が行き届かない地域にも
農業系NPOが「プライベート5G」を導入 「IIoT」で何が可能に?
オーストラリアの非営利組織AgriFood Connectが、「5G」をプライベートネットワークとして利用する「プライベート5G」を導入した。その目的とは。(2023/2/16)

手軽かつ安価に使えるGPUクラウドとは
AIを活用したいが高速GPUはコストや運用が不安、この課題はどう解決できるのか
AIやディープラーニングの広がりにより、GPUコンピューティングの需要が高まっている。一方で、「コスト」や「運用・保守」の課題が浮上してきた。GPU活用における課題を解決し、AIをビジネスで生かすにはどうすればよいのか。(2023/2/13)

IoTで生産プロセスを変革
ヤマハが楽器工場をスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
モノづくりを継続的に進化させ、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め、成果を生み出しつつあるのが楽器製造大手のヤマハだ。同社の取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションを紹介する。(2023/2/22)