「量子コンピュータ」の実用化に向けて企業はどう準備すべきか量子コンピュータと企業のデータセンター【後編】

量子コンピュータは発展途上の技術だが、実用化すれば従来のコンピュータでは難しかった計算が高速でできるようになる。量子コンピュータ実用化に向けて、データセンター管理者はどのように備えておくべきか。

2024年03月05日 05時00分 公開
[Jacob RoundyTechTarget]

 企業が量子コンピュータをより幅広い用途で利用できるようになるまでに、少なくとも5年から10年はかかる。しかし量子コンピュータは急速に進化している。データセンター管理者は、量子コンピュータで何が実現するのかを含めて、この技術のトレンドや進歩に注目しておくべきだ。

量子コンピュータ実用化に向けてデータセンターはどう適応すべきか

 従来のコンピュータはデータをバイナリ(2進数)で処理するため、扱えるデータ量や意思決定には限界がある。この手法は逐次処理とも呼ばれる。一方の量子コンピュータは、データを多次元的に処理する。

 逐次処理は複数のデータの組み合わせを1つずつ処理して、正しい結果を導き出す。多次元的な処理が可能な量子コンピュータは、複数のデータの組み合わせを並列処理する。これにより計算速度と計算精度が向上し、多様な結果が得られる。

 こうした特性を持つ量子コンピュータの実用化が進めば、AI(人工知能)アプリケーションの利用やセキュリティ対策、製造業の設計、医薬品の開発など、幅広い用途で役立つ可能性がある。

 データセンター管理者は量子コンピュータの活用を視野に入れ、必要に応じて関係者と協力したり、専門家を採用したりするなど準備を進めておいて損はない。自社が属している業界の動向を把握し、量子コンピュータが役に立つ用途を探ることもした方がよい。

 データセンターの設備の拡充にも取り組むべきだ。企業は一部のシステムを量子コンピュータで構築することを視野に入れ、インフラの構築とストレージやデータベースの拡張を続けることで、量子コンピュータが実用化されたときに迅速に導入できるようになる。

 企業が抱えるさまざまなデータを正確かつ大規模に処理し、望む結果を得られるようにするために、量子コンピュータは役立つ可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。