5Gの保護に有効な「ネットワークスライシング」「ゼロトラスト」とは?5Gに必要なセキュリティ【中編】

5Gにはどのような脅威があり、どのようなセキュリティ対策が有効なのか。5Gを安全に使う上で重要な手段となり得る「ネットワークスライシング」「ゼロトラストセキュリティ」を解説する。

2021年05月05日 05時00分 公開
[Wendy Frank, Shehadi DayekhTechTarget]

 「5G」(第5世代移動通信システム)のプライベートネットワークをパブリックネットワークと通信可能にする場合、その境界でセキュリティを保護する必要性が生じる。例えばエンドユーザーが1つのクライアントデバイスで5Gのプライベートネットワークとパブリックネットワークを利用可能にすることを考える。このとき双方のネットワークで攻撃を受ける可能性が生じるため、いっそうの防御と対策が必要になる。

どう守るべきか

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。