5Gの保護に有効な「ネットワークスライシング」「ゼロトラスト」とは?5Gに必要なセキュリティ【中編】

5Gにはどのような脅威があり、どのようなセキュリティ対策が有効なのか。5Gを安全に使う上で重要な手段となり得る「ネットワークスライシング」「ゼロトラストセキュリティ」を解説する。

2021年05月05日 05時00分 公開
[Wendy Frank, Shehadi DayekhTechTarget]

 「5G」(第5世代移動通信システム)のプライベートネットワークをパブリックネットワークと通信可能にする場合、その境界でセキュリティを保護する必要性が生じる。例えばエンドユーザーが1つのクライアントデバイスで5Gのプライベートネットワークとパブリックネットワークを利用可能にすることを考える。このとき双方のネットワークで攻撃を受ける可能性が生じるため、いっそうの防御と対策が必要になる。

どう守るべきか

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。