2021年05月05日 05時00分 公開
特集/連載

5Gの保護に有効な「ネットワークスライシング」「ゼロトラスト」とは?5Gに必要なセキュリティ【中編】

5Gにはどのような脅威があり、どのようなセキュリティ対策が有効なのか。5Gを安全に使う上で重要な手段となり得る「ネットワークスライシング」「ゼロトラストセキュリティ」を解説する。

[Wendy Frank, Shehadi Dayekh,TechTarget]

 「5G」(第5世代移動通信システム)のプライベートネットワークをパブリックネットワークと通信可能にする場合、その境界でセキュリティを保護する必要性が生じる。例えばエンドユーザーが1つのクライアントデバイスで5Gのプライベートネットワークとパブリックネットワークを利用可能にすることを考える。このとき双方のネットワークで攻撃を受ける可能性が生じるため、いっそうの防御と対策が必要になる。

 5Gの機能として、エンドユーザーのクライアントデバイスと5G基地局が通信する際のデータ整合性保護(改ざんされないことの保証)機能がある。デバイスメーカーや無線アクセスネットワーク(RAN)ベンダーにとってこの保護機能は重要だ。

 IoT(モノのインターネット)デバイスのデータを5Gでやりとりする動きも広がると考えられる。ただしIoTデバイスのセキュリティ対策の水準は一様ではなく、まだ決定していないIoT関連の規制もある。このような状況が、データのセキュリティリスクに関する問題を深刻にする。

 国際会計事務所・コンサルティング企業Deloitteが2020年に実施した調査によると、12カ月以内に5Gを導入する計画を持つ調査対象企業のうち「データセキュリティが課題」と答えたのは26.8%で、これは最も多い割合だった。調査時点で既に5Gを使用している企業についても、データセキュリティを課題と答えたのは20.2%で、上位3つに入る割合だった。

どう守るべきか

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。

news087.jpg

「Tableau 2021.1」の強化ポイントと新コンセプト「ビジネスサイエンス」について
「拡張アナリティクス」から「ビジネスサイエンス」へ。Tableau Softwareは記者説明会を...

news121.jpg

セールスフォース×Snowflake×Amplitude 日本法人のキーパーソンが「グロースマーケティング」を語る
顧客の行動を理解し、的確な目標・指標を設計して高速に施策を繰り返す「グロースマーケ...