2021年04月19日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」は本当にいま必要なのか? セキュリティやコストの落とし穴も「5G」導入ガイド【後編】

「5G」の本格的な普及時期はいつになるのか。通信事業者やベンダーのメッセージに流されずに、5Gの適切な導入時期を見極めるためのポイントを紹介する。

[Chuck Moozakis,TechTarget]

関連キーワード

ギガビット | ネットワーク


 企業が「5G」(第5世代移動通信システム)を導入することで、自社ネットワーク全体の設計を見直す、大容量のデータ伝送を必要とするアプリケーションを構築するなど、さまざまなメリットを得られる可能性がある。これは前編「『5G』の誇大広告に流されない 必要性を見極めるポイントは?」で説明した通りだ。一方で急いで5G導入を進めるべきではない理由もある。適切な導入時期を見極めるポイントは。

注意点1.セキュリティ

 5Gのネットワークには、非常に多くのデバイスが接続されることになるだろう。これは脆弱(ぜいじゃく)性を悪用しようとするハッカーに、ネットワークが狙われるリスクが増えることを意味する。デバイス面でもリスクがある。5G準拠のデバイスに搭載する半導体チップが、マルウェアに感染するリスクが報告されている。

 「ネットワークスライシング」の使用についても慎重に検討する必要がある。ネットワークスライシングとは、特定のアプリケーションやサービス専用のネットワークを用意するために、通信事業者が提供するネットワークを仮想的に分離する技術だ。通信事業者が所有する設備のセキュリティが侵害されれば、広範囲にリスクが拡散する恐れもある。こうしたリスクを許容できない企業は、5Gをプライベートな自社専用のネットワークとして構築する手段が選択肢になるだろう。

注意点2.設備投資と運用コスト

 5Gのメリットを十分に享受するには、5G準拠のデバイスを使用したり、5Gのデータ伝送速度と同等のデータ伝送が可能なネットワーク機器を導入したりしなければならない。ベンダーが提供する5G準拠のデバイスは2021年から増えてくるだろう。だが企業の社内にあるネットワーク機器は総じて、以前からあるレガシーシステムに接続したままの状態だ。そうした状態の中で、5Gへの投資を最大限に生かす方法を検討しなければならない。5Gのサービスや5G準拠のデバイスの価格も、2021年時点ではまだ流動的だ。

注意点3.不均一なカバーエリア

 通信事業者は、自社の5G関連の取り組みや投資に関するメッセージを、際限なく繰り出している。それにもかかわらず米国では5Gを受信できるエリアはまだ少ない。地方部にオフィスを持つ企業にとって、これは重大な問題だ。こうした企業は、5Gと従来の移動通信を組み合わせて利用する必要がある。5Gサービスの対象エリア外にある場合や、対象エリアに入るまで長時間待たなくてはならない場合、企業はビジネスの競争で不利になる恐れがある。

注意点4.通信の遮断

 28GHzなど高い周波数帯を利用する5Gのネットワークの場合、遮蔽(しゃへい)物によって接続が遮断しやすい。オフィスや工場で高周波数帯の5Gを利用する際は、安定した通信を確保するための工夫が必要になる。5Gのネットワークに合わせて、オフィスや工場内の一部の設備を再設計したり、異なる周波数帯を補助的に利用したりする必要があるだろう。米国では、政府が持つ3.5GHzの周波数帯を民間と共用する「市民ブロードバンド無線サービス」(CBRS:Citizens Broadband Radio Services)を併用することも選択肢になる。

注意点5.誇大広告

 通信事業者やベンダーの主張に流されてはいけない。5Gのメリットを最大限に引き出して、適切な投資利益率(ROI)を確保する方法を、時間をかけて徹底的に把握するのがよいだろう。

 新しい技術が登場する場合、まずは企業が採用し、その後に消費者市場にも広がることが一般的だ。だが5Gではこの流れが逆になる。5G準拠のデバイスが消費者市場に広がり、通信事業者が5G関連のサービスを本格的に提供するようになって初めて、企業でも本格的に導入が広がるだろう。サービスのカバーエリア、価格、デバイスの多様性といった観点で、5Gの導入が妥当になる時期を見極める必要がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...