2021年04月02日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」の誇大広告に流されない 必要性を見極めるポイントは?「5G」導入ガイド【前編】

企業は「5G」の導入が自社の事業に与える影響について評価を開始している。5Gのメリットを最大限引き出すには何を知っておくべきなのか。まずは5G導入に期待が持てる点を解説する。

[Chuck Moozakis,TechTarget]

関連キーワード

ギガビット | ネットワーク


 「5G」(第5世代移動通信システム)の導入が進んでいる――といった共通のメッセージが、通信事業者が繰り出す大量の広告の中で踊っている。こうしたメッセージを無視するのは難しい。通信事業者は、5Gが消費者の行動をどのように変えるかに焦点を当てたメッセージを出している。「映画を短時間でダウンロードできる」といった文言だ。

 企業はこうしたメッセージをそのまま受け取ってはいけない。5Gを導入することで、無線通信が高速化するメリットは十分見込めるだろう。ただしそれを実現するには当然コストがかかるため、慎重に導入の判断を下す必要がある。5G導入に期待できる点を5つの観点で整理しておこう。

観点1.データ伝送速度

 将来的に、5Gは理論上のデータ伝送速度が20Gbps程度まで高速化すると予測されている。一般的な「4G」(第4世代移動通信システム)の通信に比べれば、理論的には桁違いのデータ伝送速度だ。

 5Gを導入すれば、4G以前の無線通信では実現が難しかったサービスを実現しやすくなる。機器や設備の自動運転や遠隔操作、大容量通信が必要な映像サービスなどのサービスを利用できる。ただし企業が利用する5Gの実際のデータ伝送速度は、さまざまな要因に左右される。例えば基地局との距離、通信事業者が自社設備に採用する技術、ユーザー企業が導入するネットワーク機器の種別などが影響する。

観点2.低遅延

 データ伝送の高速化だけでなく、5Gは通信の低遅延化も実現する。企業にとっては、データ伝送の高速化よりも低遅延の方が重要度が高いだろう。5Gはネットワーク機器が命令に応答する時間を大幅に短縮する。ある実験では、遅延は5ミリ秒未満に抑えられるという結果が出ている。リアルタイム性が求められるアプリケーションには遅延が悪影響を及ぼす。遅延を抑制できれば、アプリケーションを利用する場所に関係なく、ほとんど同じようにアプリケーションが動作すると期待できる。

観点3.デバイスの接続数

 5Gによるデバイスの同時接続数(基地局が収容できるデバイス数)は4Gよりも多くなる。最大100倍の同時接続数を実現できるという試算もある。そのため5Gの場合は多数のデバイスが密集するエリアであっても、データ伝送速度が低下したり接続が途切れたりする心配が小さくなる。企業は移動通信の接続が劣悪になる場合に備えて、無線LANに切り替える選択を用意しておく必要もあった。5Gの場合はそうした二者択一の選択というよりは、単に5Gも無線LANも両方とも自由に使えるようにしておけばよい。

観点4.AI、AR、VRなどの新世代サービス

 拡張現実(AR)技術や仮想現実(VR)技術、機械学習などのAI(人工知能)技術を取り入れたサービスやコミュニケーションの普及においても、5Gに期待できる。大容量のデータ通信ができるからだ。AR技術やVR技術を使った遠隔会議では、例えば企画するプロジェクトの視覚的なシミュレーションを取り入れることで、より適切な意思決定を下せるようになる。AI技術を活用すれば、応答性の高い対話型のサービスや、データ分析を伴うアプリケーションを無線で利用可能になる。

観点5.ネットワークの再構築

 5Gを使って企業の自社ネットワーク全体の設計を見直すことも可能だ。例えば支社のネットワークを5Gに変更することも考えられる。その場合は従業員のデバイスに個別にSIMカードを搭載することになるため、インターネット接続サービスも比較的自由に選択できる。本社でも中心的なネットワークと切り離した5Gのネットワークを個別に導入することで、ネットワークのセキュリティを強化したり、IoT(モノのインターネット)によるデータ分析のアプリケーションを個別に構築したりできる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...