2021年04月01日 05時00分 公開
特集/連載

「不動産テック」(PropTech)が急成長する理由と、避けられない問題不動産市場で進むアナリティクスの活用【前編】

不動産分野では投資から再開発に至るまで、データが成長の原動力になり得る。こうした変化をリードし続けるとみられるのが「不動産テック」だ。ただしそのメリットを引き出すためには、解決が必要な問題がある。

[Kara E. Joyce,TechTarget]

関連キーワード

データ分析


 商用不動産市場には数兆ドル規模のチャンスが転がっている。にもかかわらず不動産にアナリティクスを利用するという考えは、これまでなかなか広がらなかった。だが、この業界にも状況を変えようとする企業は存在する。新たな用途がそれを示している。

 商用不動産と聞くと倉庫や小売店舗を連想する人もいるが、オフィススペースやアパートも商用不動産に含まれる。この業界は不況や環境変化、テクノロジーの進歩、さらには社会トレンドなど、さまざまな要因が売り上げに影響を受ける。

 そこで重要になるのが「不動産テック」(PropTech)だ。不動産に特化したアナリティクス技術群の総称である不動産テックは、この10年間で大きく成長している。不動産テック情報サイト「Unissu」によると、2018年には不動産テックに138億5000万ドルの資金が投じられた。

 不動産テックは、さまざまな点で商用不動産に変化を促す。オフィススペースの最適化や投資機会の促進から、従業員の安全な職場復帰の管理まで、その応用範囲は幅広い。

「不動産テック」を始める企業が直面する“あの問題”

 商用不動産会社は不動産テックを利用するに当たって、適切なデータと適切なチームを用意しなければならない。ただしその前に解決が必要な問題がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。