2021年04月01日 05時00分 公開
特集/連載

過剰宣伝に隠れた「ゼロトラストセキュリティ」の“本当の意義”とは?ゼロトラストセキュリティが目指すもの【中編】

セキュリティベンダーがこぞって「ゼロトラストセキュリティ」を宣伝する状況には、良い面と悪い面があると専門家は指摘する。それはどういうことなのか。

[Katie Donegan,TechTarget]

 「ゼロトラストセキュリティ」は、従業員が社内LANの内外にいるかどうかにかかわらず、必要に応じて認証を実施するセキュリティモデルだ。VMwareでエンジニアを務めるエバン・ギルマン氏と、オンライン決済ベンダーStripeでサイトリライアビリティエンジニアを務めるダグ・バース氏は、セキュリティ業界がゼロトラストセキュリティを過度に宣伝することに対して疑問を呈する。

「ゼロトラストセキュリティ」過剰宣伝の“弊害”とは

―― ベンダーによるゼロトラストセキュリティの宣伝は、ゼロトラストセキュリティの受け取り方に影響すると思いますか。「ゼロトラストセキュリティ製品」として販売されている製品の導入を検討している企業に対する忠告があれば教えてください。

ギルマン氏 マーケティングのキーワードとして「ゼロトラストセキュリティ」という言葉が過剰に使われていることは否めない。ゼロトラストセキュリティの強調は“もろ刃の剣”だと言える。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...