2021年03月05日 05時00分 公開
特集/連載

危ないテレワークを防ぐ「仮想デスクトップ」「ゼロトラスト」「従業員教育」「テレワークセキュリティ」6つの対策【後編】

2021年のIT部門にとって、テレワーク時のセキュリティ対策は率先して取り組む必要のある課題だ。6つの主なセキュリティ戦略の中から3つを紹介する。

[Andrew Froehlich,TechTarget]

 2020年に企業の間で在宅勤務をはじめとするテレワークが広まり、2021年はIT部門がテレワーク時のセキュリティ強化に本腰を入れて取り組む年となった。前編「テレワーク安全策『認証』『ネットワーク可視化』『自宅用ゲートウェイ』とは?」に続き、IT部門が実施すべきテレワーク時のセキュリティ対策を解説する。

  1. 認証の強化(前編で紹介)
  2. ネットワークの可視性向上(前編で紹介)
  3. 在宅勤務用ゲートウェイの導入(前編で紹介)
  4. 仮想デスクトップの活用
  5. ゼロトラストセキュリティの実装
  6. セキュリティ教育の実施

対策4.仮想デスクトップの活用

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...