2021年03月05日 05時00分 公開
特集/連載

危ないテレワークを防ぐ「仮想デスクトップ」「ゼロトラスト」「従業員教育」「テレワークセキュリティ」6つの対策【後編】

2021年のIT部門にとって、テレワーク時のセキュリティ対策は率先して取り組む必要のある課題だ。6つの主なセキュリティ戦略の中から3つを紹介する。

[Andrew Froehlich,TechTarget]

 2020年に企業の間で在宅勤務をはじめとするテレワークが広まり、2021年はIT部門がテレワーク時のセキュリティ強化に本腰を入れて取り組む年となった。前編「テレワーク安全策『認証』『ネットワーク可視化』『自宅用ゲートウェイ』とは?」に続き、IT部門が実施すべきテレワーク時のセキュリティ対策を解説する。

  1. 認証の強化(前編で紹介)
  2. ネットワークの可視性向上(前編で紹介)
  3. 在宅勤務用ゲートウェイの導入(前編で紹介)
  4. 仮想デスクトップの活用
  5. ゼロトラストセキュリティの実装
  6. セキュリティ教育の実施

対策4.仮想デスクトップの活用

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...