2021年03月05日 05時00分 公開
特集/連載

危ないテレワークを防ぐ「仮想デスクトップ」「ゼロトラスト」「従業員教育」「テレワークセキュリティ」6つの対策【後編】

2021年のIT部門にとって、テレワーク時のセキュリティ対策は率先して取り組む必要のある課題だ。6つの主なセキュリティ戦略の中から3つを紹介する。

[Andrew Froehlich,TechTarget]

 2020年に企業の間で在宅勤務をはじめとするテレワークが広まり、2021年はIT部門がテレワーク時のセキュリティ強化に本腰を入れて取り組む年となった。前編「テレワーク安全策『認証』『ネットワーク可視化』『自宅用ゲートウェイ』とは?」に続き、IT部門が実施すべきテレワーク時のセキュリティ対策を解説する。

  1. 認証の強化(前編で紹介)
  2. ネットワークの可視性向上(前編で紹介)
  3. 在宅勤務用ゲートウェイの導入(前編で紹介)
  4. 仮想デスクトップの活用
  5. ゼロトラストセキュリティの実装
  6. セキュリティ教育の実施

対策4.仮想デスクトップの活用

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...