2020年07月25日 08時30分 公開
特集/連載

在宅勤務では「有線LAN」と「無線LAN」のどちらを選ぶべきか?ホームネットワークの基礎知識【前編】

在宅勤務などのテレワークを実施する際は、クライアント端末を有線LANと無線LANのどちらに接続するべきなのか。選択のポイントを紹介する。

[John Fruehe,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN | 在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大したことで、在宅勤務などのテレワークやオンライン授業が広がり、ホームネットワーク(家庭内ネットワーク)に変化が起きている。インターネットサービスプロバイダー(ISP)が提供する標準的な「CPE」(宅内設置機器)では通信接続の安定性が十分に確保できなくなり、ネットワークを改善する必要に迫られている人が少なくない。ホームネットワークの構築を考える上で、知っておくべきポイントを紹介する。

 ホームネットワークを構成する代表的なネットワーク機器を下記に示す。ISPがこうした全てのネットワーク機能をCPE一式で提供する場合もある。そうでない場合はエンドユーザーが自分でネットワーク機器を用意しなければならない。

  • モデム(アナログ信号とデジタル信号を変換する装置)またはONU(光回線終端装置)
  • ルーター(データ伝送の経路制御に利用)
  • スイッチ(クライアント端末を有線LANで接続)
  • 無線LANアクセスポイント(クライアント端末を無線LANで接続)

写真 写真 USB接続の有線LANアダプター

有線LANと無線LANのどちらを選ぶべきか

ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。