2020年07月25日 08時30分 公開
特集/連載

在宅勤務では「有線LAN」と「無線LAN」のどちらを選ぶべきか?ホームネットワークの基礎知識【前編】

在宅勤務などのテレワークを実施する際は、クライアント端末を有線LANと無線LANのどちらに接続するべきなのか。選択のポイントを紹介する。

[John Fruehe,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN | 在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大したことで、在宅勤務などのテレワークやオンライン授業が広がり、ホームネットワーク(家庭内ネットワーク)に変化が起きている。インターネットサービスプロバイダー(ISP)が提供する標準的な「CPE」(宅内設置機器)では通信接続の安定性が十分に確保できなくなり、ネットワークを改善する必要に迫られている人が少なくない。ホームネットワークの構築を考える上で、知っておくべきポイントを紹介する。

 ホームネットワークを構成する代表的なネットワーク機器を下記に示す。ISPがこうした全てのネットワーク機能をCPE一式で提供する場合もある。そうでない場合はエンドユーザーが自分でネットワーク機器を用意しなければならない。

  • モデム(アナログ信号とデジタル信号を変換する装置)またはONU(光回線終端装置)
  • ルーター(データ伝送の経路制御に利用)
  • スイッチ(クライアント端末を有線LANで接続)
  • 無線LANアクセスポイント(クライアント端末を無線LANで接続)

写真 写真 USB接続の有線LANアダプター

有線LANと無線LANのどちらを選ぶべきか

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...