2020年07月24日 05時00分 公開
特集/連載

「VDI」で「CAD」を快適に使うための5大ポイントCitrix、VMware、MicrosoftのVDIでCADを動かす

CADソフトウェアは扱うファイルのサイズが大きくグラフィックスを多用するため、VDIで動かしたいときは構築時や運用時に気を付けるべきことがある。主要な5つのポイントを説明する。

[Chris Twiest,TechTarget]

 「VDI」(仮想デスクトップインフラ)の利用は、エンドユーザーが在宅勤務などのテレワーク時に生産性を維持する方法の一つだ。ただしエンドユーザーがVDIで「CAD」(コンピュータ支援設計)ソフトウェアを使うときは、VDIの設定に注意する必要がある。主要なCADソフトウェアには、Autodeskの「AutoCAD」や「Civil 3D」、Bentley Systemsの「MicroStation」などがある。

 「通常のサーバと、仮想GPU(GPU:グラフィックス処理プロセッサ)が利用できるグラフィックスカードだけ準備すればよい」というのは、VDIでCADソフトウェアを利用するときによくある誤解の一つだ。CADソフトウェアに最適なVDIをセットアップするには、CPUとストレージ、ネットワークの選び方にも気を付けなければならない。さらにIT担当者は、仮想デスクトップのゲストOSをCADソフトウェアに最適化する必要がある。ユーザープロファイル管理に加え、画面転送プロトコルのポリシー設定も重要だ。

 以下に、CADソフトウェアの利用に適したVDIを構築するための、5つのポイントを紹介する。これらは、「Citrix Virtual Apps and Desktops」「VMware Horizon」「Windows Virtual Desktop」といった主要VDI製品・サービスのいずれかで、CADソフトウェアを動かす場合に適用できる。

ポイント1.コア数を重視しないCPU選定

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...