2020年07月22日 05時00分 公開
特集/連載

Zoomなどの「Web会議」がいくら便利でも「対面会議」をやめられない理由新型コロナで役割を再認識

新型コロナウイルス感染症の流行で、さまざまな会議が中止や延期に追い込まれた。対策として活用が広がっているのが「Web会議」だ。ただしWeb会議が実現できることは、対面会議と同じではない。

[Jonathan Dame,TechTarget]

関連キーワード

Cisco Systems | Google | ビデオ会議 | Web会議


 医療ITベンダーのVeeva Systemsは2020年1月に、米フロリダ州オーランドで北米の従業員を対象に新年決起会を開催した。その数週間後、同社はアジアを拠点とする従業員向けに同様のイベントを開催した。ただし新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行により、従業員は予定通りに東京に集まるのではなく、Zoom Video CommunicationsのWeb会議ツール「Zoom」に接続することを余儀なくされた。

 2つのイベントの違いは明白だった。オーランドでは同僚同士が食事を共にし、同じダンスフロアで時間を過ごした。その晩にはアミューズメントパークにも出向いた。1000人を超える従業員が一堂に会することで、同社は自社のビジョンや目標に対する明確な熱意を生み出した。一方で東京イベントの出席者は、各自のコンピュータの前に1人で座った。

 「対面会議と比べてWeb会議には少しばかり損失があることは間違いない」と話すのは、Veevaで商用クラウド戦略部門のシニアバイスプレジデントを務めるポール・シャワ氏だ。

Web会議で失われるもの、得られるもの

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...