新型コロナでZoomなどの「Web会議」の成長と“脱PSTN”が加速する?パンデミックで変わるコミュニケーションツール市場

新型コロナウイルス感染症のパンデミックを機に、コミュニケーションツールを見直す動きが広がっている。「Zoom」などのWeb会議ツール好調の裏で、何が起こっているのか。市場の動きをまとめた。

2020年07月07日 05時00分 公開
[Jonathan DameTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行の影響で、Web会議ツールの活用が広がっている。感染症予防のために対面での会議を減らすと同時に、Web会議ツールを使い始めたオフィスワーカーは少なくない。電話(音声通話)の代わりにWeb会議ツールを利用する動きも広がりつつある。

Web会議ツール好調の裏で“PSTN離れ”も

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...