2019年04月13日 05時00分 公開
特集/連載

「Adobe Shockwave」がついに終了 ユーザーは何をすればよいのか?完全削除すべきか

「Adobe Shockwave Player」の提供が終了する。ユーザーやIT管理者はこれからどうすればいいのか。

[Ed Tittel,TechTarget]

関連キーワード

Adobe Systems | 脆弱性


画像 Adobe SystemsのWebサイトではAdobe Shockwave の提供終了を伝えている《クリックで拡大》

 テクノロジーメディアの「Ghacks」でマーティン・ブリンクマン氏の興味深い記事を見つけた。Adobe Systemsの音声・動画再生プラグイン「Adobe Shockwave Player」(以下、Shockwave)が引退するらしい。Adobeは2019年4月9日、Shockwave最後の要素だったWindows版Shockwaveの提供と個人向けのサポートを終了した。

 Shockwaveは明らかに衰退しつつあった。Shockwave向けオーサリングツールの「Adobe Director」は2017年2月1日に、macOS版Shockwaveは2017年3月1日に提供終了を迎えていた。今回、Windows版の提供終了に伴い、Shockwaveに完全に別れを告げるときが来た。

Shockwaveを削除するなら

 Shockwaveの終了でユーザーや管理者はどうしたらいいのか、さまざまな意見がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news169.png

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

news121.jpg

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

news034.jpg

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...