2019年04月13日 05時00分 公開
特集/連載

「Adobe Shockwave」がついに終了 ユーザーは何をすればよいのか?完全削除すべきか

「Adobe Shockwave Player」の提供が終了する。ユーザーやIT管理者はこれからどうすればいいのか。

[Ed Tittel,TechTarget]

関連キーワード

Adobe Systems | 脆弱性


画像 Adobe SystemsのWebサイトではAdobe Shockwave の提供終了を伝えている《クリックで拡大》

 テクノロジーメディアの「Ghacks」でマーティン・ブリンクマン氏の興味深い記事を見つけた。Adobe Systemsの音声・動画再生プラグイン「Adobe Shockwave Player」(以下、Shockwave)が引退するらしい。Adobeは2019年4月9日、Shockwave最後の要素だったWindows版Shockwaveの提供と個人向けのサポートを終了した。

 Shockwaveは明らかに衰退しつつあった。Shockwave向けオーサリングツールの「Adobe Director」は2017年2月1日に、macOS版Shockwaveは2017年3月1日に提供終了を迎えていた。今回、Windows版の提供終了に伴い、Shockwaveに完全に別れを告げるときが来た。

Shockwaveを削除するなら

 Shockwaveの終了でユーザーや管理者はどうしたらいいのか、さまざまな意見がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。