2020年03月14日 08時30分 公開
特集/連載

Gartnerのアナリストも“予想外”Office 365ユーザーがG Suiteを併用する理由 なぜ似たサービスを使うのか?

セキュリティ企業Oktaの調査から、オフィススイートサービス「Office 365」と「G Suite」を併用する企業が相当数あることが分かった。似たようなサービスであるにもかかわらず、なぜ併用する必要があるのか。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 ID・アクセス管理サービスを提供するOktaは、同社サービスのユーザー企業約7400社のアプリケーション利用状況について報告書をまとめた。2019年は、Oktaのサービスを使い、かつMicrosoftのオフィススイートサービス「Office 365」を使っている企業の31%が、Googleのオフィススイートサービス「G Suite」を併用していた。この割合は2017年の28%、2016年の21%よりも増加した。

 Office 365とG Suiteを併用している顧客が「これほど多いことは予想外だった」と、調査会社Gartnerのアナリスト、ジェフリー・マン氏は説明する。ただし企業が両方のオフィススイートサービスを使うのは「珍しいことではない」と指摘する。

なぜ複数ベンダーのサービスを使うのか

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...