2020年03月14日 08時30分 公開
特集/連載

Office 365ユーザーがG Suiteを併用する理由 なぜ似たサービスを使うのか?Gartnerのアナリストも“予想外”

セキュリティ企業Oktaの調査から、オフィススイートサービス「Office 365」と「G Suite」を併用する企業が相当数あることが分かった。似たようなサービスであるにもかかわらず、なぜ併用する必要があるのか。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 ID・アクセス管理サービスを提供するOktaは、同社サービスのユーザー企業約7400社のアプリケーション利用状況について報告書をまとめた。2019年は、Oktaのサービスを使い、かつMicrosoftのオフィススイートサービス「Office 365」を使っている企業の31%が、Googleのオフィススイートサービス「G Suite」を併用していた。この割合は2017年の28%、2016年の21%よりも増加した。

 Office 365とG Suiteを併用している顧客が「これほど多いことは予想外だった」と、調査会社Gartnerのアナリスト、ジェフリー・マン氏は説明する。ただし企業が両方のオフィススイートサービスを使うのは「珍しいことではない」と指摘する。

なぜOffice 365ユーザーはG Suiteも使うのか

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。